見出し画像

緑丘工房×小樽商大 包括連携協定を締結。 地域の発展と人材の育成を目指す 〜「上川大雪酒造ゼミ」開講、連携を開始〜

上川大雪酒造株式会社(本社:北海道上川郡上川町、代表取締役社長:塚原 敏夫、以下「上川大雪酒造」)の親会社である緑丘工房株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:塚原 敏夫、以下「緑丘工房」)は、小樽商科大学(所在地:北海道小樽市、学長:穴沢 眞、以下「小樽商大」)と教育及び人材育成、地域貢献及び社会貢献において相互に協力し、地域の発展と人材の育成に寄与することを目的とした包括連携協定を2021年4月22日(木)に締結いたしました。

□緑丘工房×小樽商大 包括連携協定締結の背景

上川大雪酒造では、2022年にひかえた北海道3国立大学、帯広畜産大学(帯広市)・小樽商科大学(小樽市)・北見工業大学(北見市)の、農・商・工の専門分野を融合して人口減や高齢化に実践的に対応できる人材を育成することを目指した経営統合に共感し、2020年帯広畜産大学構内に「碧雲蔵」を創設。川端総杜氏が帯広畜産大学の客員教授として学生に対して講義を行い、また、蔵人として学生インターンを受け入れるなど、北海道の次代を担う人材の育成に尽力しています。
このような背景から、地域経済や経営、起業、そしてマーケティングやブランディングなどについても学生が実践的に学べる機会を創出すべく、道内外に多数の経済人を輩出してきた小樽商大との包括連携協定を締結するに至りました。

連携施策の一環として、同大で開講されるゼミ内において「上川大雪酒造」を切り口にした、起業・経営、地域振興について学ぶ特別講義「上川大雪酒造ゼミ」を2021年4月22日(木)より開講。第一回目の講義では、小樽商大出身である当社・島崎憲明会長と、同じく小樽商大出身の塚原代表が講師を担当いたしました。

画像2

画像3

□「上川大雪酒造ゼミ」について(概要)

小樽商大理事・副学長を務める江頭進教授が受け持つゼミの中で、特別講義として「上川大雪酒造ゼミ」を開講いたしました。実学を重視し、当社代表や担当役員、社員が講師を務め、講義をすすめていく予定です。

• 開講スケジュール:2021年4月22日(木)〜2021年12月まで
• 講義頻度:夏休みを除き、毎月1回程度
• 講義形式:現在は対面授業を予定しておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、オンライン講義形式で講義を実施する可能性もあります。

▼講義案 ※現段階のシラバスになるため、今後変更の可能性があります

画像1


【本件に関するお問い合わせ先】

上川大雪酒造株式会社 広報担当:林
TEL:090-1421-7380(直通) E-mail:press@kamikawa-taisetsu.co.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!かんぱーい🍶
3
北海道にある地方創生蔵「上川大雪酒造」のプレスルーム。 🍶「上川大雪」「神川」シリーズを醸造する「緑丘蔵」(上川町) 🍶「十勝」シリーズを醸造する「碧雲蔵」(十勝の国立帯広畜産大学キャンパス内) https://linktr.ee/kamikawataisetsu