見出し画像

人の手が持つ力を思い知る、タイの紙作り体験

手仕事の現場に足を運ぶ度、人の手で作る意味を考える。
機械で作った方が効率よく、均一なものを作れる。誰もがそれを知っている今、どうして、わざわざ、手で作るのだろう。

△この写真は、タイの第2の都市チェンマイから車で40分ほど離れたところにある紙工房で撮ったもの。
工房では、月曜日から土曜日まで 二、三人のスタッフで紙を作っている。


タイの手漉き紙

Saa あるいは Mulberry と呼ばれる植物を原料に作られた、凹凸のある柔らかな紙。
Saa paper という名前で、タイの至るところで売られている。


今回、この工房で紙を作る体験をさせてもらった。
原料の加工の仕方を教えてもらい、漉き方(※)のお手本を見て、2時間の体験時間内で好きなだけ紙を作れるというプラン。

※「漉く」とは、水にとかしたどろどろの原料をすくい上げて薄くひろげ、乾かして紙や海苔(のり)を作る動作のこと。 日本の紙漉きは大きな容器に原料を拡散させ、木枠ですくい、揺すって平坦にする。この製法は「流し漉き」と呼ばれる。

△日本の一般的な漉き方「流し漉き」


一方、タイの昔ながらの作り方では 水の上に枠を置き、その中に原料を入れて かき混ぜたり表面を均(なら)したりして、引き上げる。

日本のように枠を動かして作る「流し漉き」に対して、こちらは「溜め漉き」と呼ばれている。


紙漉きを体験してみた。

「溜め漉き」での紙作りを初めて体験してみて、今まで味わったことのない感覚に衝撃を受けた。
それは、「紙の繊維に触れている…!!」という実感。普段はシート状というか「平面」として捉えている紙が 一本いっぽんの繊維からできていることを、身体を通して感じた。

△指先で紙の繊維を感じて、思わずニヤケている瞬間

△水の中で、ただ浮遊している繊維が乾燥したらくっついてシートになるのが不思議でしょうがない。糊を混ぜてるわけでもないのに!


そう、それで、今、この体験を書きながら、「手で触れて、初めて実感できることがある」と気づいた。
お手本の漉き方を目で見ただけでは、感じられなかった。出来上がった紙に触れただけでも、知れなかった。

自分の手で作ってみて初めて、紙が繊維の結びつきであること、こうして「できている」ということを、体感した。

この日 紙漉きを一緒に体験した方は もう5回も体験されていて、「ヒーリングのよう」と仰っていた。
紙の繊維の流れや 濃淡を感じて、無心になるらしい。


人の手で作られたもの。
そこには、作った人の身体的感覚が宿っている。その感覚は、 作り手の心や感性に少なからず影響を与えているように思う。

これが「手仕事の意味」になるのかどうか分からないけれど、手仕事をなくすことは、人が身体で感じ取れる機会を失うことに繋がる。

わたしは、「身体で感じる」その力を見くびっていた。この手は、指先は、ものすごい感覚を持っている。

そんなわけで、チェンマイにお越しの際は ぜひ体験してみてください!
たゆたう紙の繊維に触れてみて!


【工房紹介】

HQ paper maker
日本人のおじさんが運営されてる紙のショップ。チェンマイ旧市街にある店舗で紙漉き体験の予約可能。送迎付き、所要時間4時間、800バーツ。


△工房の庭で摘み取ったばかりの花を漉き込んで作ります。鮮やかできれい!


詳しい製法

紙を作られる方向けに、製法や原料について詳しく書いた記事はこちら。

twitter 毎日更新しています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、kami/(紙一重)です。いただいたサポートは、3月から始める 世界一周「紙を巡る旅」の資金にさせていただきます。

とっても嬉しいです!!
36
kami/ (紙一重)と読みます。300日の「世界の紙を巡る旅」を終え、帰国しました。意味はなくても、わくわくすることを大切に。

コメント2件

小学生の頃に子ども向けキットを使って同じように紙を作ったことを思い出しました。kami / さんの文章と写真を通して、ちぎって溶かしたチラシを型に流し込んだ時のドロドロした感触を数十年ぶりに思い出して不思議な気分です。
紙 という独自の切り口で世界一周をカスタマイズしている姿、これからも楽しみにしています^^
@kotomim_ さま
コメントありがとうございます。
数十年経っても思い出せる感触、なかなかのインパクトですね!幼いころの経験は人の深いところに残っている気がします。
マニアックな視点ですが、楽しんでいただけて嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。