見出し画像

荒瀬に着いたサクラマスをシャローミノーで軽快に狙う!九頭竜川サクラマスのテクニカル‘note’

九頭竜川のサクラマスも3月の半ばを過ぎると、流れの早い水深の浅い瀬の部分にも着くようになります。

荒瀬に着いたサクラマスをシャローミノーで軽快に狙う!

この釣り方が九頭竜川サクラマスの醍醐味かもしれません。

2019年シーズンは雪代が少なく低水位の九頭竜川なのでシャローミノーによるミノーイングは「ファン的要素」だけでなく「釣るためのメソッド」としても有効だと思われます。

決して昔の「良き時代」の釣法ではありませんよ!

画像1


画像2

ちなみに2019年のミノーイングでのファーストヒットは、バラしてしまいました。大きな石がゴロゴロの足場での、流れの中のウェーディングなのでアワセが上手く入らなかったのかもしれません。またそれも悔しいけど楽しい…それが荒瀬のミノーイングゲームなのです。


ブログ記事のアイキャッチ画像は僕がシャローミノーのミノーイングでキャッチしたサクラマスの一部です👇


画像16

そんな荒瀬のミノーイングゲームをお伝えしたいと思います。


1 瀬に着くタイミング

2 瀬に着く時間の合図的な現象

3 九頭竜川サクラマスのポイント、代表的な瀬

4 使用するミノーの種類 使い分けとチューニング

5 メソッド・アタリのくるタイミング

6 タフコンディションに強いポイントと、そのポイントがタフコンディションに強い理由


この続きをみるには

この続き: 2,422文字 / 画像14枚

荒瀬に着いたサクラマスをシャローミノーで軽快に狙う!九頭竜川サクラマスのテクニカル‘note’

カリスマ@アフロ

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とにかく九頭竜川のサクラマス!1993年から通い続けてます。今知っている九頭竜川サクラマスのことを 九頭竜川に通い始めたばかりの「あの闇雲だった頃の僕」に教えてあげたい…そんなnoteを綴ります。 ☆現場で会いましょう(^^♪ アフロ見つけてくださいねー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。