マガジンのカバー画像

進メ、鎌倉ペンギン

25
学校教育やGIGAスクール構想をはじめ、鎌倉スクールコラボファンド、ふるさと寄附金を活用した取組に関する情報を発信。
運営しているクリエイター

記事一覧

子どもたち一人一人が持続可能な社会の創り手に ~鎌倉SCFの活用から見えたこと

教育長の岩岡です。 魅力的な人材・団体とのコラボレーションにより、鎌倉の子どもたちにSociety5.0を生き抜く力を育む教育活動を実現するためのプロジェクト─「鎌倉スクールコラボファンド(鎌倉SCF)」。 第2回のコラムでも紹介しましたが、令和3年度は小坂小学校と玉縄中学校の「SDGsをテーマとした課題解決学習」(総合的な学習の時間)に、鎌倉SCFを活用しました。 1.社会課題をジブンゴトにSDGsといっても、子どもたちの興味や関心は一人一人違います。地球温暖化に関心

スキ
12

~春夏秋冬~「鎌倉武(Kama Club)」がスタートします!

こんにちは。 遅ればせながら、生涯学習課も鎌倉市教育委員会noteをはじめてみることにしました! 記念すべき初回の投稿は、社会教育主事の松山が担当させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 私ごとですが、令和3年度の人事異動で、小学校の教員から生涯学習課で社会教育を担当することとなってから早1年。 教育課程にとらわれない活動を実施することを楽しみにしていたのですが、新型コロナウィルス感染症拡大防止ということで、予定していた事業を中止せざるを得ないなど、思うよう

スキ
22

子どもの視点に立った教育を

教育長の岩岡です。 昨年7月から始まったこのコラムでは、市教育委員会や市立小・中学校が実施している様々な取り組みや込められた思いを紹介してきました。これらの取り組みには共通するポイントがあります。 それは「子どもたちの視点に立つ」ということです。これには2つの意味があり、私は着任以来、判断の際には必ず心に問い掛けています。 1つ目は「子どもたちの現在の視点に立つ」ということです。これは、子どもたちの現在の心情や特性に寄り添って、子どもたちの成長や行動変容を促す最適な方略を

スキ
16

教育現場での多様な人材の活躍を目指して ~Teach For Japanとの連携

こんにちは。教育長の岩岡です。 皆さんは、日本に学校の先生は何人いると思いますか。小・中・高校だけで、なんと100万人を超えます。幼稚園や大学なども合わせると、200万人以上。日本人の60人に一人は、何らかの形で「学校の先生」ということになります。 ますます変化が激しくなるこれからの時代は、社会と連携・協働しながら未来の創り手を育む学校教育を作っていく重要性も増していきます。そんな中で、果たしてこの100万人の先生方を「教職を目指す→大学で教員養成課程を修了する→採用試験

スキ
18

ULTLAは自分だけのユニークな学び方を知り、自分らしさを発揮する方法を学ぶ場所

教育長の岩岡です。 皆さん、広報かまくら2月1日号はご覧になりましたでしょうか。 今号では、教育委員会が今年度新たにはじめた取組「かまくらULTLAプログラム」を特集していただきました。 広報課とULTLAの担当課が何度も打ち合わせを重ね、プログラムの趣旨や枠組み、プログラム当日の様子、プログラムに携わった方々からのメッセージなどを、丁寧に紹介しています。 そして、コラムは「番外編」として、ULTLAの現場で子どもたちに寄せたことばを掲載しました。私の思いが、ULTLA

スキ
16
+16

【完結!】かまくらULTLAプログラム「森のプログラム」フォト16選(12/11)

スキ
21

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】西鎌倉にあるケーキとお菓子のお店「レ・シュー」さんから連絡をいただき、ポスター掲示とチラシ配布に協力いただきました!お届けに伺った際に倉内社長自らご対応いただき、鎌倉ペンギンと一緒にパチリ♪(教育総務課)☆鎌倉SCF絶賛申込受付中!☆彡☆彡

スキ
17

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】小町にあるカフェ&ギャラリーのtsuuさん。約120年前に建てられた米蔵をリノベーションした趣きあるお店の扉に、オーナーと一緒にポスターを貼らせていただきました!(教育総務課)☆鎌倉SCFの申込は令和4年3月31日まで受け付けています!☆

スキ
20

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】大船エリアを中心に数多くの飲食店を展開する株式会社千里さんにもポスター&チラシのご協力をいただきました!写真は千里ビル1階です。(教育総務課)☆鎌倉SCFへの申込受付期限は令和4年3月31日です(期間延長しました)☆彡

スキ
22

【鎌倉SCF×鎌倉大船RC】未来を生きる子どもたちへの支援の輪が広がっています!

こんにちは!教育総務課の高橋です。 素敵な企業・NPO・大学とのコラボレーションで、ワクワクする教育を実現する「鎌倉スクールコラボファンド(SCF)」。 鎌倉SCFの申込期限が迫る中、鎌倉大船ロータリークラブ(RC)さん(小山 和秀会長)から51万円の寄附をいただきました! そこで、今回は12月9日(木)に行われた寄附金贈呈式の様子を紹介させていただきます。 鎌倉大船ロータリークラブさんは、昭和39年(1964年)に設立、今年で58年目を迎える社会奉仕団体です。 当日

スキ
18

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】手広にある林とうふ店さん。今月28日をもって惜しまれつつも閉店されてしまうのですが「それまでの間だけでも!」と、ポスター掲示にご協力いただきました!しかも入口の左右に。ありがとうございます!(教育総務課)☆鎌倉SCF申込受付中☆

スキ
17

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】鎌倉ペンギン、連日出動!大船にあるガソリンスタンド店(兵藤商事さん)にご協力いただき、ポスターを掲示させていただきました。ありがとうございます!(教育総務課)☆まだまだ協力店舗募集中です☆

スキ
18

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】北鎌倉にある去来庵さんにもポスター掲示のご協力をいただきました!ありがとうございます!(教育総務課)☆鎌倉SCFへの支援の輪が広がっています☆

スキ
21

【鎌倉スクールコラボファンド(SCF)】ひがし幼稚園(大船)の石井園長から「ポスター掲示とチラシ配布に協力しますよ!」との嬉しいお申し出がありましたので、早速お届けにあがりました。ありがとうございます!園長にはお忙しい中、撮影にもご協力いただきました。(教育総務課)

スキ
17