見出し画像

しゃもじのおびえ

田丸雅智さんの影響でショートショートを書いてみました。

----------------------

迫りくる複数の足音──。
そして、私は囲まれた。

その中の一人が私のくびれを力強く掴んだ。

「やめて!」

絞り出そうとするが、想いは声にならない。
飢えた獣たちが、よだれを垂らして私を見る。

せめて、せめてシャワーを浴びさせて。
そうすれば、我慢が出来るかもしれないわ。

もう耐えられないの。
あの“白い粘り気”が私の身体にまとわりつくことが。

でも、欲にまみれた彼らに私の願いは届かない。
そして、私は無抵抗のまま放り込まれる。

熱い。息が出来ない。
獣たちの荒い吐息が私の身体を汚す。


もう、ダメ──。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

■連載していた「漣の果てに。」kindle版、販売中■ https://amzn.to/3czCyD5 みなさんから「いいね」や「リアクション」をいただけると、「書いてよかったな」「何かを伝えられたんだな」と励みになります。お読みいただき本当にありがとうございます。

6
“受験情報”や“国語”について書くなど。小説「漣の果てに。」Kindleで販売中。柳は緑、花は紅。かまくら国語塾、始めます。https://kamakura-kokugo.education/