見出し画像

流行るサービスと映画の共通点 『チャーリーズ・エンジェル』

今日は映画の話です。フライトでたまたま『チャーリーズ・エンジェル』を観ることができました。2月21日公開のやつですね。

いつまでたっても好きなのはキャメロン・ディアス

前回『ナイブズ・アウト』っていう、探偵ものの映画を紹介しました。そこでは、おすすめですよって言ってるんですけど...
まあ、そうはいっても、僕の点数は低かったんですよ。

理由は単純で、登場人物が多かったなって。がゆえに、説明の時間も多かったし、トリックも複雑じゃなかった。最近こそよく映画を観てますけど、昔は『チャーリーズ・エンジェル』とか『オーシャン11』とかが好きで観ていました。僕にとっての全盛期みたいなものです。

だから『チャーリー・エンジェル』っていうと、キャメロン・ディアスとか、あの頃なんですよね。ルーシー・リューとか。

画像1

あの3人が、セクシーとエロが混じりながらも、しっかりとコンテンツになっているんですよね。そこに”あの音楽”が鳴るともう面白いというか。ワクワク感がある訳じゃないですか。「これがアメリカだ!」みたいな。

あの『チャーリーズ・エンジェル』が強すぎて。僕は、あんまり海外の女優さんとか分からないので、今作も多分有名な方とかいらっしゃるんでしょうけど...

僕はもう、いつまでたってもキャメロン・ディアスが好きなんで。

こう。「面白いのかな?」みたいな感じで最初は観始めたんです。そうすると最初の10分くらいから、もう世界観どっぷりで。

アクションあり、セクシーありですよ。

画像2

『チャーリーズ・エンジェル』のいいところって、余分なシーンが無いところだと思うんです。最初の導入のシーンも、最後まで話が繋がってくる、余すところのない2時間でした。伏線もよく回収するし、完成度が高い。

『ナイブズ・アウト』みたいに名探偵とかって謳っているミステリーよりも、『チャーリーズ・エンジェル』の方が、ネタ回収も含めて一つのコンテンツになっているって感じました。

最終的には可愛く見えてくるエレーナ

-今作の満足度はいかがですか?(聞き手:Erina
鎌田;僕はめちゃくちゃ高かったですね。

-そうなんですね!てっきり、前シリーズのファンだったりすると...っていうオチかと思ってました。
なるほど。たしかに、ビジュアルでいうと、その女優さんが好きとなってしまうので。そういう意味では、どこまでいってもキャメロン・ディアスが好きなんですけど。

-(笑)
憧れるじゃないですか。男性として、あの金髪女性美女に。
ただ、今作でいうと、エレーナっていう天才エンジニアがいて、彼女はそもそもがチャーリーズ・エンジェルじゃないんですよね。最後まで、チャーリーズ・エンジェルじゃないんですけど、ただ一緒に行動することが増えていくんです。

それで僕、最終的に彼女のことが可愛いと思い始めるんですよ。

画像3

-(笑) 最初は気に留めていなかったのにだんだんと...
そうなんですよ。HP見ると、『アラジン』に出てるんですね。

-『オデッセイ』にも出ているみたいですね。
これ、『オデッセイ』のどこに出てましたかね?

-どこだったんでしょう。私も今見て、びっくりしました。
鎌田 機内でもう1つ観た映画が『オデッセイ』だったんです。僕、宇宙も好きなんですよ。『インターステラー』にも悪役でマッド・デイモンが出てくるじゃないですか。だから、『オデッセイ』を観始めたときに、あのマッド・デイモンだったかなって思ってしまって。

「あれ、これ俺、1回観てたかな?」って思って(笑)

-(笑)
『アドアストラ』は観てないんですけど、『インターステラー』は、めちゃくちゃ面白かった。『アドアストラ』は、つまんないって言われている。『ゼログラビティ』は、僕はいまいちだったんですよね。

なので、『オデッセイ』はどうなの?って思って、『チャーリーズ・エンジェル』のあとに観ちゃったんですけど。『オデッセイ』の話は話で、また今度したいんです。あれもめちゃくちゃ面白かったんですよね。

-!! 次回も楽しみです。

チャーリーって誰なんだ?

このあたりで『チャーリーズ・エンジェル』に話を戻すと、毎回チャーリーって誰なんだっていう疑問があるじゃないですか。

-あります。
少しずつですが...

-ぉお!
少しずつですが、またそれも。「あれ、そういうこと?」みたいな。

-示唆されているんですか?!
そうなんです。そもそも組織がこういうものなんだなっていうのも、少しずつ全貌が明らかになってきます。HPにもあると思うんですけど、今作は新エネルギー源”カリスト”っていう、軍事利用ができちゃうような機械を盗まれるところから始まるんですけど

毎回チャーリーズ・エンジェルって、よく分からない悪の組織と戦っていく訳じゃないですか。敵にラスボスがいて。でも、今回はちょっと違うよって感じです。

-今作で初めて『チャーリーズ・エンジェル』を観る方も、楽しみやすい構成なんでしょうか?
そういう意味では逆で。僕はこれまで観ていた人の方が、面白いと思いますね。これから初めて観る人は、過去作を1、2個観ていた方が楽しめると思います。

例えば、ボズレーって出てくるじゃないですか。

-はい。
あれって、部長とかと同じ呼称なんですよ。

-えっ!
「あ、そうなの?」「ボズレー何人もいた!」みたいな(笑)

-(笑)
今作は、チャーリーズエンジェルの組織体みたいなものが少しずつ垣間見えてきますね。

秘密基地とか、扉が開いて隠し部屋があるとか、やっぱ憧れるじゃないですか。『チャーリーズ・エンジェル』って『オーシャンズイレブン』とかも似てますけど、そういう要素満載なのが観ていて面白いですよね。

-分かりやすくて、面白いところがいいですよね。

流行るサービスの共通点はワンチャンの近さ


とはいえ、今作はリバイバルなので、近代的で今の世の中にマッチしているんですよ。

『バックトゥー・ザ・フューチャー』が好きなんですけど。変な話、デロリアンが空を飛ぶあの時代って、2018年くらいのはずなんですけど

実際車が空飛んでますか?っていうと、ちょっと違うと思うんです。

それに比べて、今作に登場していたメガネはスカウターみたいになっていたんです。それって、「ワンチャン本当にあるんじゃないかな?」って思えるところなんですよね。

あまりにも行き過ぎた世界観になると、例えば『アバター』とか。そうするとちょっと「これSFだよね。」ってなっちゃうんですけど、そこまではいかない。今作はそういう位置付けだったと思うんです。

例えば、「超ハイテクノロジーのものが流行りますか?」って言われると、僕は「何とも言えないな。」と思っていて。

よく経営者同士で、「こういうサービスが今流行っているんですよ。」って話をしていると、「あ、これ昔俺がやってたやつだ。」とか、ちょっと時代を先取りし過ぎたっていう話がよく出てくるんですけど

やっぱり、その時代にマッチしていないとダメなんですよね。早くてもダメだし、遅過ぎてもダメみたいな。ちょうどよく、色んな人が理解できるくらいが1番いい。

-それは映画にも当てはまるんでしょうか。
まさに映画もそうですね。僕、あの映画観てないんですけど、あの脳の中に入って...

-『インセプション』ですか?
そうです。あれは、そういう設定だよって言われているから観れるんだと思うんです。

あと、昔でいうと『フィフス・エレメント』とか。設定ですっていえばそれまでですけど、同じ時代の中でパリとか現世とか色んなシーンが出てくるみたいに、あまりに突拍子もないことでもダメだし。

でも、海外の隠れ倉庫とかだと、「こんな風になっているのかも?」って思えますよね。そういうワンチャンの近さみたいなのがあったりすると、余計に浸透しやすいと思っています。

今作のキャスティングで大事なことは?

-時代に合わせるといえば、キャンスティングへの配慮は感じましたか?
僕は『チャーリーズ・エンジェル』を作るときって、その概念をもっと超えたことろにある気がしていて。それはそれで、世の中のトレンドとして、いろんなメンバーをキャスティングするっていうことがいいと思うんですけど。

たぶん『チャーリーズ・エンジェル』を好きな人は、こういうものが好きだろうっていう、メンバーバランスだったと思っています。

-ファンとしては嬉しいですね。
HPにも書いてあるんですけど、レベッカっていう元エンジェルのボズレーが出てくるんですね。僕からすると、今回のチャーリーズ・エンジェルではないけれど、レベッカも綺麗っていう。

画像4

-分かります!
そうなんですよね。彼女が1番、僕のイメージするチャーリーズ・エンジェルに近いです。

-色気が溢れていて魅力的ですよね。
今回は1人が天才エンジニア、1人が変装のプロで...
あ!たしかに、HP右上のサビーナはめちゃくちゃ綺麗だったんですよ。これは冒頭のシーンですね。

画像5

-(笑) こんなに綺麗な姿から始まるんですね。
そうなんです。この後に、ショートになったサビーナが出てくるので、ギャップが凄過ぎて。僕は髪の毛の長い女性が好きなタイプなので、「あれ?」みたいな(笑)

やっぱり個々が強いんですよね。

他にも、ジェーンは元MI6で銃の使い手としてもそうですけど、アクションが凄いんですよ。高いところから、飛び降りたりとかもそうですし、やっぱもう体一貫って感じがしてて。なので、メンバーバランスが最高なんですよね。

画像6

-本当にそうですね。ちゃんと、これまでの3人の役割が...
結局のところは。しっかり踏襲されていますね。

そんな機内ルーティーンがあるんですか?

-今回は鑑賞中のアクシデントはありましたか?
今回はね、機内なんでね。私事でいうと、用意された機内食はほとんど食べないんですよね。

-そうなんですか!
これまで和食、洋食と頼んできて。その上で、何を食べたいかって考えると、普段食べないものを食べたいとなるじゃないですか。

なので、夜からのフライトだと夜食が出てきて、その後に朝飯もパンとか出てくるんですけど、全部いらないとまず言います。

それなのに、急に。
夜、映画を観ながら...

メニューにラーメンがあるんですよね。

-(笑)
一風堂のラーメンで味噌ラーメンなんですけど、バターがまるまる1個出てくるので、それを溶かして食べるんです。この贅沢を途中にはさんだお陰で、食べないといけないのか、観ないといけないのか、ちょっとね。苦しむ瞬間はありましたよね。

あと、飛行機の中で集中はしているんですけど、映画館よりは集中していないので

-スマホ問題が...
そう。でも機内モードだから... あっ!飛行機のプチネタとして、いつも2,000円ぐらいで、フルタイムでWi-Fiを借りるんです。でも今回は、お金を払ったのに、電波の調子が凄く悪くて。全く使い物にならないっていう。

電波が強くないとSlackとか使えないんですけど、LINEやInstagramのようなSNS系は、電波が弱くても使えるんですね。それなのに、全然使えなくて。

僕は、単純に2,000円を無駄にしたっていう。

-(笑)
こんなに、電波がないところで生きていくのは辛いんだなっていうのを久々に体験しました。

-ある意味、価値ある体験でしたね(笑)
びっくりですよ。全く。

-映画を観るときはメモを取られたりされますか?
しないですね。

-観終わった後に、感想をメモされたりも?
しないです。記憶力勝負です。出たとこ勝負です。

-凄い。
なので、『オデッセイ』とかの話もしたいんですけど、どんどん僕の記憶から抜け落ちていくっていう。いやー、でもね。ちょっとメモしておいて欲しいんですけど。僕は『オデッセイ』は誰も何も苦しめない幸せな話だと、思ったんですよね。

-えっ!絶対『オデッセイ』の話の方が面白いじゃないですか。
だって、宇宙が好きなんですもん。

-哲学が入っているときの鎌田さんのお話、いいですよね。
まあ、『チャーリーズ・エンジェル』はアクションですからね!そうは言ってもね!

-(笑)
爽快だったなとかね。

-楽しかった!みたいなことですよね。
前回を越えるべくして作っているのが、『チャーリーズ・エンジェル』ですよね。ちゃんと。


『チャーリーズ・エンジェル』ファンの方も、まだそうではない方も、
ぜひ劇場で爽快なアクションを楽しんでください!(聞き手:Erina


今日はこんなところで!

読んで頂きありがとうございました。また今週いっぱいでサークル募集をしてますので宜しければぜひ。またいいね・スキもよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

良いと思ったらサポートお願いします。嬉しいので。 もちろんちゃんと返信させて頂きます。

今日は大吉!!
51
UUUM CEO 趣味は仕事・ゴルフ・マンガ・ゲーム。毎日1つ記事を書いてます。

この記事が入っているマガジン

映画感想まとめ
映画感想まとめ
  • 16本

ほぼ毎週1本づつ見てる映画についての感想を自由に書いていきます。