見出し画像

RGW期 モノヴァンプについて

kama

最近環境にいるモノヴァンプについて書いていきます。
どうしても厳しい対面があり連勝は伸ばしにくいですが、勝率的には7~8割程出ていたため安定してmpを盛れるデッキだと思います。

※ランクマでの簡単な使い方ですので競技環境、レートでの動き方、構築に関して異なる可能性がごさいます。ご理解の程よろしくお願いします。

1.構築について

個人的確定枠

残骸&リカバリー

残骸
モノ、リカバリーを揃えるためのカード。1枚目以降はリカバリーに融合する事が多い。

リカバリー
最悪の場合1コス1ドローとしても使える。基本はモノ起動のためのカード。

棘&ルムサ


主にモノの打点、序盤の手札入れ替え、フェイカー捨てで復讐などで使う。

ルムサ
基本はフェイカー捨てるためか盤面処理で使う。
序盤に使うと手札が減るため切っても1枚まで。

モノ

リーサル札。
基本的に1試合で使うのは1枚のため確定枠としては2枚。
一応機械カードなのでリカバリーの融合札にもなる。

ヴァンピィ&伝播

個人的に絵違いよりこっちが好き

ヴァンピィ
贈り物は自傷で復讐に入れたり、モノで0コス4点に出来るため序盤に持っておくと強い。
また単体でも処理札や打点として使える。

伝播
モノと絡めるのは言わずもがなヴァンピィとのコンボも強い。ヴァンピィ進化から召喚よりも伝播の方が1面多く取れる為こっちを優先して使うことも多い。

恩寵

後攻で使いたいカード。先行でも基本進化ターンまでやる事がないので、適当に撃って手札を増やすことも多い。

ユリアス

このデッキが勝てるようになったカードでもあり難しくなった理由。
アビスなどで処理しながら顔に打点を飛ばせるため、モノでの打点要求値が低くなり守護を突破しながらリーサルが取れることが多くなった。
基本的にドレッドオーラ以外を使い、アビスや贈り物で復讐に入れるようする。(例外あり)
また復讐効果のドローで手札が9枚になってしまい、進化時のテラーナイトが燃えることがないようにする。

フェイカー

リーサル札にもなりながら捨て札にすれば簡単に復讐に入れるカード。リカバリーのみの融合無しでモノの3回バフを達成出来るのも強い。
序盤に捨ててアビスにカードを融合し、いつでも投げられる状態にしておくこともある。
またテラナで捨てて6にアビスやモノを狙う事もある。

アビス

正直事前評価あんまり高くなかった

復讐に入ってモノリーサルをチラつかせると大体リソースを吐いて止めに来るため、そこに投げるのが強い。


長かったと思いますがここから自由枠です。

自由枠

本当に自由です。好みや環境によって変えるのがいいと思います。
試した感じの点数を貼り付けておきます。
確定枠と同じカードは、枚数増やして引きやすくする、多く引いたら捨てるだけなので説明は割愛します。

5点

1コスのカードで復讐時進化のため幼狼奮闘を4点で使いやすくなる。7ppでモノを使うと1pp余るのでそこで打点が伸ばせる。

ベルエン

8.5点

序盤に置いても手札を減らさない上、打点のカットもしてくれるカード。パーツを集めやすくなる。

流浪

6.5点

事故を減らしてくれるカード。フェイカーを捨てて復讐にも入ることも出来る。

ギルネ

7点

ハンドレスなどのアグロに対してギルネで耐えて6ターン目otkを狙う事が出来る。進化権を使いモノで走らせれば6点疾走にもなってくれる。

メタトロン

10点

個人的に確定枠のカード。入れないタイプも使ったが、後攻での勝率がこれ1枚で相当上がった。2コスのため棘と合わせて6ppでのotkを狙う事もある。

デモニックソルジャー

7点

デカい守護やベルエンをこれ1枚で突破でき、モノで6点疾走になるカード。

イツルギ

9.5点

幼狼奮闘が強く2ターン目に置いて1コス1ドローで使っていくのが主な使い方。4点はモノで詰めきれない時にごく稀に使う。

仁義

8点

序盤に処理しながら1ドロー出来る優秀なカード。一応モノ起動後のバーンでのリーサルを狙える。

毒蛇

8点

個人的に評価の高いカード。モノが嫌いな横展開に対して強い。ユリアス後に6で処理に使うのも強い。

スカレ

9点

6コスが少し重いがやはり強い。メタトロン後に置いてモノリーサル、守護が置かれればアビスで破壊という2択を作れるが強い。



他にもあるとは思いますが個人的に試して感触の良かったのはこの辺でした。

現在の構築

序盤の単体処理に仁義、横展開に毒蛇が強い

2.動き方&マリガン

マリガン

先行
残骸 イツルギ 仁義 (恩寵)
後攻
メタトロン 恩寵

※()内のカードは対面別で欲しいカードがある時には返します。

対面別
ロイ、ヴァンプ、守護ビショ→毒蛇

序盤

進化ターンまでは無理して動かないというのを意識しましょう。

残骸やイツルギ、先行なら恩寵でドロー、仁義や毒蛇で処理、ヴァンピィで贈り物を手札に加えておくのが主な動きです。

一応棘やルムサでフェイカー捨てアビス融合で6コスにしておくのも択に入ってきます。

中盤

まずは進化ターン。基本的に狙うのは、先行ならユリアスからトークンのネイルとナイトメアタイム。後攻なら恩寵、メタトロンといった動きになります。他にもヴァンピィ進化で処理しながら顔を詰める動きもあります。

その後は6ppスカレ、アビスで復讐に入って7ppでモノリーサルが好ましくはありますがそこまで上手くはいきません。

6からの動きとしては
ヴァンピィ スカレ アビス モノ 毒蛇 ユリアス リソース回復 フェイカー捨て復讐
が挙げられます。
盤面、体力、手札と相談して動いていきましょう。

終盤(リーサル)

大体はモノです。アビスやスカレで削れてる残りの体力を10何点出して削り切りましょう。
コントロール系統の回復多めのデッキ相手はotkで勝てるように、アビスやスカレのタイミングを調整しましょう。

相手が復讐に入れてきた時や、5にフェイカーを捨てられていた時、また相手の体力が削れている時には、6でリーサルを取れることもあります。詳しくは後述のモノ算を見てください。

まれにヴァンピィでリーサルを取れることがあります。ヴァンピィ進化→伝播→贈り物→召喚などで相手の盤面があれば13点出せます。一応モノ算と一緒に軽くヴァンピィ算も載っけておくので見てください。

アビスとネイル効果でリーサルもあります。アビス前に贈り物を撃つ事でネイル効果込で2点伸ばせるのは覚えておきましょう。モノの意識をしすぎてこのリーサル見えない時あるので気をつけてください。

3.モノ算

恐らく皆さんが1番気になる部分です。世の中には沢山の有識者の方々が打点表を作ってくださっていますが、僕はそんな器用なこと出来ません…

よく使うモノ算

6pp ヴァンピィ進化贈り物贈り物モノ融合リカバリー 
計20点

6pp 伝播贈り物モノ融合リカバリー
計20点

6pp フェイカー贈り物モノリカバリー
計19点

6pp 伝播モノ融合リカバリー
計16点

※6pp フェイカーモノリペアフェイカー手動進化
計13点

7pp イツルギ贈り物モノ融合リカバリー奮闘(進化5)
計18点

7pp 棘伝播モノリカバリー
計19点

8pp フェイカー伝播モノリカバリー
計29点 

8pp ヴァンピィ進化贈り物眷属モノ融合リカバリー
計23点

8pp フェイカーフェイカーモノ
計22点

フェイカーがあればリカバリー1枚で起動します。
ここに贈り物などの打点を追加して計算していきましょう。
※リペアの部分がリカバリーでも打点は同じです。リペアの場合フェイカー手動進化で疾走付与されます。

5.対面相性と対策

エルフ

相性 有利
基本は6、7、8のどこかでOTKを狙う形になります。スカレ、アビスなどを使ってモノ警戒をさせ、守護を使わせる事でotkが通しやすくなります。
相手に殴ってもらって復讐のプランがほぼ取れないため、スカレ、アビス、フェイカー、棘、ルムサのカードを大事にしましょう。

ロイヤル

相性 不利
序盤の横展開、モノクロ団長の守護、シークレットスキル、伊達の大見得など辛いカードが多く不利な対面です。横展開に対しては毒蛇、シークレットスキルには棘で対抗しましょう。伊達の大見得はヴァンピィやネイルのダメージが無くなるため、それを含めてリーサル計算をしましょう。

ウィッチ

〈スペルウィッチ〉
相性 有利
以前はカウンターアタックでほぼ詰みでしたが、ヴァンピィ、贈り物により対策できたため有利対面へ。守護もほぼ無いためOTKもかなりしやすいです。特に盤面処理も必要ないのでパーツ集めをしていき、相手のotkに合わせてアビスで遅延しながら戦っていきましょう。

〈秘術ウィッチ〉
相性 微有利
アビスが強い対面です。6アビスから7リーサルを狙いましょう。4ターン目にノノを置かれると返すのが難しいため、ヴァンピィ、イツルギなどのフォロワーを置き処理に動いてもらうようにしましょう。
また盤面にフォロワーを残さないことで魔拳を撃たせないのも大事になってきます。
一応炸裂が入っているとアビス投げた後に負けますが、今まで見たことがないので恐らく心配しなくて大丈夫です。

ドラゴン

〈バーンドラゴン〉
相性 微有利
守護が少ないためotkが決まりやすく、20点削るよりも継続して10点近くを叩き込んでくるデッキのため、復讐にも入りやすくカウンターリーサルも狙えます。アビスの無敵も刺さるため遅延しながらモノでのリーサルを狙いましょう。

〈インフレドラゴン〉
相性 有利
相手が10ppになったら盤面にフォロワーを残さないようにしましょう。あとはパーツを揃えてotkで勝てます。

ネクロ

〈フラグラネクロ〉
相性 有利
相手のレイダーのコスト、ネクロマンス消費量を考えながら動きましょう。あとはネクロマンス20達成に合わせてアビスを張って遅延、モノでリーサルを狙います。変にルルナイに付き合って自分の盤面が残らないように注意しましょう。ゴーストビートに対してカウンターが狙えることもあります。

〈葬送ネクロ〉
相性 微有利
体力10以上を削るのが難しいデッキのため基本カウンターが狙えます。6アビス7モノリーサルを狙いましょう。ただし注意点として、ミミがいる状態でアビスを撃つとオーラを使ってない限り2点ダメで負けます。気をつけましょう。

ヴァンプ

〈ハンドレスヴァンプ〉
相性 不利
無理です。相手の事故を祈って6アビス、カウンターモノを狙い、横展開に対しての毒蛇や残骸のリペア、後攻なら恩寵メタトロンで耐えきりましょう。

〈狂乱ヴァンプ〉
相性 微有利
盤面を広げずヴァンピィの当て先、ネイルの打点にならないようにしながら動きましょう。また相手の復讐警戒をしてアビスの投げ合いにならないようにしましょう。アビスを出しても殴らないのが重要。あとはパーツを揃えてた10ターンまでにリーサルを狙います。

〈モノヴァンプ〉
相性 五分
ミラーの鉄則アビスで殴らないを徹底しましょう。復讐警戒をしながら先にリーサルが取れるように手札を揃えていきましょう。

ビショップ

〈守護ビショ〉
相性 微有利
世間では不利と言われてる対面ですが個人的には結構勝ててます。
モノでのリーサルも狙いますが大体ネイルの火力で勝ちます。また回復が少ないため序盤の毒蛇、幼狼奮闘、メタトロンの少しの打点が響きます。
基本は5のユリアスから6毒蛇、スカレ、アビス、ヴァンピィ、テラナで守護を破壊しつつバーンを飛ばす形になります。回復のためにジャンヌの無料進化をしてきたらラッキーです。突破しながらモノでリーサルを取りましょう。

〈回復ビショ〉
相性 五分
インペリアルセイントが強く、その処理を含めた計算をしていると90秒では足りません。一応エルフと同じく回復以外してこないため、8のホリセまでに間に合わせること自体は可能なのでモノ算を極めたら微有利などに上がるかもしれません。
インペリアルセイントを必殺で退かしながら、相手の8より前に決め切りましょう。

ネメシス

〈共鳴ネメ〉
相性 微有利
相手に体力を削ってもらいオーラを使うと主なリーサル札であるユアンが防げるため相当有利に試合を運ぶことが出来ます。その為に個人的にやっているのは、あえてカシムを残す動きをし復讐警戒しにくくすることです。80%ぐらいの確率で復讐に入れてくれます。
ちなみにオーラを使ってない状態でアビスを撃つとユアンで負けます。注意しましょう。
この対面で1番辛いのはシオンです。本体で投げられないようにスカレやユリアスを置いておきましょう。もし出来なければ進化を切らないのを願ってアビスで撮りましょう。2枚目きたらほぼ詰みです。
またギルティがあるので横展開出来るヴァンピィ、贈り物、伝播を使って20点削れるようにしましょう。

〈人形ネメシス〉
相性 微不利
序盤の横展開がキツイです。毒蛇を上手く使って処理していきましょう。序盤耐え切れればあとはパーツを集めてモノリーサルを狙いましょう。またロイドの効果によって2面ロックされてしまうと邪魔になるため、盤面を残さないようにしましょう。


このように有利~五分の対面が多くあるため、現環境ではいい感じの立ち位置ではないかと思います。

6.捨てるカードの選択

ユリアスを使う際、捨てるカードがわからない方が多いと思います。
考えることとしては次の動き、リーサルプラン、復讐に入れるかどうかを見ます。

前述した6の動きのカードは必ず1枚は残したいです。
優先度としては
6の動き→モノ・リカバリー→棘・ルムサ→その他のカード
になります。例外として6モノ、6アビスが狙える場合にはフェイカー捨ても視野に入ります。

捨てるカードを選択する時には、山札にそのカードが残り何枚埋まっているのか考えるようにしましょう。

また対面別で変わってくることもあります。例えば守護ビショに対してアビス、スカレが揃っていれば、モノがなくてもバーンのみで勝てることが多いため、モノパーツを捨てることも視野に入れてます。

慣れの部分もありますが、この辺りを意識していくと上手く回せるようになると思います。また負けた試合を見返して、捨てたカードは正しかったのかを考えるのも重要です。

7.最後に

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。
画像が少なく見にくい記事となってしまい申し訳ございませんでした。
もちろんこのnoteのみで全てを教えられるわけではないですし、所詮素人がランクマで得た知識で書いているため全てが正しいわけでもないです。ですが少しでもモノに興味を持って、使ってくださる方が増えればいいなと思っています。もうすぐアディだけど…
それではまたどこかでお会いしましょう。お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kama
書きたい事を書きます