見出し画像

下戸アンソロジー『下戸の夜』が発売

お酒が飲めない人々を世は「下戸(げこ)」と呼ぶ。
「ノンアルで平気な人々」と酒飲みからは奇異な目で見られる「下戸」たちのシラフな生態をつまびらかにしたエッセイアンソロジーが発売。

わたくしは〈第4章下戸とカルチャー〉にて「映画の酔っぱらい」というエッセイを寄稿しました。

下戸だけでなく、上戸のかたにもおすすめな一冊です。

下戸の夜
本の雑誌編集部下戸班/編
本の雑誌社
1,728円
ISBN 978-4-86011-429-9



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
書店員。たまにライターとかイラストレーター。読書は外文、映画は洋画、釣りは洋式毛鉤の海外かぶれ。ウェブマガジン『あさひてらす』にて小説《16の書店主たちのはなし》連載中。『偉人たちの温泉通信簿』挿画、『下戸の夜』(本の雑誌社)『夢の本屋ガイド』(朝日出版)などに寄稿。 栃木県出身
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。