高橋優さん『花のように』歌詞~筆で書いてみました。~
見出し画像

高橋優さん『花のように』歌詞~筆で書いてみました。~

こどものための書き方教室

「本音とは無関係な顔作る そういうことにちょっとずつ慣れてきて 「お前も大人になったんだな」って 誰かの些細な一言に戸惑う・・・

”本気で笑えているかい?”そういう歌を聴けば 胸の奥にチクッと刺さった針が また痛み出すのさ・・・」

高橋優さんの唄は、背中を押してくれる曲が多いです。

この曲も自分に問いかけます。

自分のやりたいこと・・・できていますか?

子どもの頃なりたかった大人になれていますか?

現実は・・・

生きていくためには・・・

でも・・・

「幸せになるための傷跡がまた 一つ二つと増えていくけれど 辛いことばかりは続かないのさ・・・

雨雲の向こう側に虹が架かる そんな景色にまた巡り逢えるから 唄っていくんだ いつまでも 笑っていくんだ 花のように・・・」

自分を信じて!

自然に笑える日がくるから!

花のようにね (^^♪

私は子どもたちに、夢は叶う!と伝え続けます!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです。
こどものための書き方教室
初めまして! 明(アキ)と申します! 子どもたちに「手書きの楽しさを伝えたい」と『こどものための書き方教室』を主宰しております。 Twitterでも活動中♪