マガジンのカバー画像

婦人之友社の家計簿いろは

46
婦人之友社の家計簿ってどこがいいんだろう? そんな方に向けた家計簿のはじめの一歩をお伝えしていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

「バームクーヘン赤字」になっていませんか?

 薄い層を何層にも重ねて焼き上げるバームクーヘン。とてもおいしいお菓子ですが、家計簿では…

光熱費にあらわれる「意思あるお金の使い方」

 「家計簿をつけて家族の夢、また家族それぞれの夢を実現する」。家計簿をつけることは、それ…

3つの「ない」、家計簿で解決しました。

 ここ20年ほどで、私たちの使えるお金(可処分所得)は、徐々に減ってきています。また、2020…

衣服の衝動買いを防ぐ工夫

 「Tシャツを何枚も買ってしまい、収納場所がない」「20代のころのハイヒールをまだ持ってい…

夫から給与明細書を受け取るまで

 夫から生活費だけを受け取って、わが家の家計全体をよく知らない……ということはありません…

「これって、なに費?」家計簿クイズ⑤

  kakei+で家計簿をつけていると、「あれ? このお金をどう記帳すればいいの?」ということが…

どうする? ダブルインカム世帯の家計簿

ダブルインカム(共働き)の家計を把握していますか? 2019年の大学進学率は、男子56.6%、女子50.7%、大学・短期大学の進学率では、男子57.6%、女子58.7%という数字が公表されました。現在のこうした高学歴化もあってか、勤続10年以上の女性の割合も、1998年は29.3%から、2018年は37.7%と増加しています(男性は50%程度で推移)。  共働き世帯でみると、「夫婦ともに雇用者の共働き世帯は年々増加し、平成9(1997)年以降は男性雇用者と無業の妻から成る世帯

スキ
21

気持ちよくお金が使えるようになる「家計簿」

 「家計簿」って面倒だ! と思っている方は多いかと思います。また、一念発起でつけ始めたは…

わが家のむだ退治!

 結婚して5年目のAさん(30代)。出産で退職し、収入は減ったのに、出て行くお金は増えていく…

予算を飾り物にしないチェックポイント

 予算を立てるとき何を考えて予算を立てますか。次の年の予定を考えて、わが家に入ってくる収…

老いの住まいを考える参考に。施設入所はいくらかかる?

 「人生の最後まで自宅で過ごしたい」というのは、多くの方の願いです。しかし、自立した生活…

家計簿をつけているから言える、この一言!

 節約したいから「家計簿」をつけるという方もいらっしゃるでしょう。  もちろん最初の入口…

シングルマザーの家計。子どもの教育費を助ける制度があります。

 Aさん(40代)は、高校2年生の息子さんと2人暮らし。持病があるため、フルタイムで働くこと…

大学合格!うれしいけど県外の大学で一人暮らし。遊学にかかる費用は?

 受験シーズン本番。私立、国立と一般入試が続きます。また、新型コロナウイルスの影響で、受験生は例年以上に心理的負担もかかることでしょう。それでも、子どもには希望の進路を進んでほしい、でも、その大学が、県外にあり、自宅外通学(遊学)になったら、学費のほかに、どのくらいの仕送りが必要になるのか、と心配になる方もいらっしゃることと思います。今回は、実際に1年間かかった費用や仕送りのための予算の実例をご紹介します。 *大学入試、入学等にかかる費用についての記事は、1/12「受験シーズ

スキ
14