AllGlyphs 全フォントリスト共有を追加
見出し画像

AllGlyphs 全フォントリスト共有を追加

快技庵 高橋政明

私の iPhone / iPad 用無料アプリ AllGlyphs(オールグリフス)をバージョン1.3にアップデートしました。

全フォントリスト共有機能を追加しました。

  • 全フォントの情報をカンマ区切り(CSV)またはタブ区切り(TSV)ファイルで共有します

  • このリストは各フォントの『Family name』『PostScript name 』『Full name』『Version』『Glyph Count』の一覧です

  • 『全グリフ表示』または『PDF制限解除』どちらかApp内購入で全フォントの情報を共有します

  • 制限解除していない場合はサンプルデータを共有することができます


全フォントリストを使うと iOS のアップデートにともなうフォントの追加変更を確認できます

iPad での実行画面です。
【リストボタンを追加しました】

iPad で実行中の画面

リスト」ボタンで全フォント一覧リストを画面で確認できます。

CSV を表示

AllGlyphs は SwiftUI アプリです。
もちろんこのシートもコードは SwiftUI で記述しています。

ファイルは CSV と TSV を切り替えできます。

TSV を表示

共有するファイル名にはOSバージョンを含みます。
例:『AllGlyphs_iPadOS15.3.1_AllFontList.csv

アプリ内購入していない場合はファイル数制限のある CSV または TSV ファイルを共有します。
二つあるアプリ内購入のどちらかを購入済みの場合は全フォントのリストを共有できます。


CSV と TSV ファイルは Numbers アプリなど表計算アプリで確認できます。

Mac の Numbers アプリで開いた画面


iOS 14.4.2 と 15.3.1 のフォントを比較するといくつか違いがありました。
XcodeFileMerge アプリを使っています。

iOS 14.4.2 と 15.3.1 の比較

絵文字フォントが 3797 グリフから 3902 グリフに増えていることがわかります。
一方 Apple Symbols はグリフ数が少なくなっています。

iOS 14.4.2 と 15.3.1 を比較すると CSV ファイルには9つの違いがあります。
グリフ数(文字数)の増減、Courier ファミリーの削除(Courier New ファミリーは変更なし)、Helvetica Neue ファミリーと Hiragino ファミリーのバージョン変更、Kefa フォントのグリフ数増加、Menlo ファミリーと Noteworthy ファミリー Noto Sans Myanmar ファミリー PingFang ファミリーのバージョン変更です。


iOS 15.4 でも絵文字の追加が予定されています。
どんな絵文字が追加されるか AllGlyphs で確かめてください。

⚠️AllGlyphs では実行中の環境の全フォントのリストを共有します。
OSをアップデートした前後で比較するには、現在の全フォントリストを保存してください




このアップデートのテスト中に OS を表示する API「systemName」が少し変わって、iPad では「iPadOS」を返すように変わったことに気づきました。
詳しくはこちらに書きました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
快技庵 高橋政明

今後も記事を増やすつもりです。 サポートしていただけると大変はげみになります。

ありがとう!
快技庵 高橋政明
古くからのMacプログラマ、現在はiOS向けに青空文庫リーダーアプリなどを作っている。「未経験者のための『コードを学ぼう』ガイド」『Swift5初級ガイド』など技術書執筆も行なっています。noteでは主にセミナーの内容を有料記事で公開しています。Twitterは@houhei