見出し画像

Lの発音をアップデート!Lの音は弾かない!

Kadoya Risa / 英語教室 GEC 代表

執筆チーム:角谷りさ・羽織愛・前川理有子・三井あかり

英語の L の発音指導でやりがちな間違えがこれではないでしょうか。

🙅‍♀️日本語の「ら」や「る」に置き換えてしまう。

Nooooooooo !!!!!

そもそもLは、日本語には存在しない音です。
Lの音を発音する時は「日本語にはない音をだすんだ!」という意識をもって発音しましょう。
生徒さんの発音をチェックする時も、日本語の「ら行」になっていないかしっかり聞いて判断する必要があります。

発音指導をする先生は、まず、英語を発音するときに自分の口の中で、どの部分が動き、どこに当たっているのか、どのように動いているのかなどを、先入観なしに正しく知ることが大切です。

ここでは、日本語の「ら行」と英語の L の発音方法を細かく紹介していきますので、最後まで読んでいただければ、この2つが全くの別物の音であることをご理解いただけると思います。

この続きをみるには

この続き: 1,397文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!