マガジンのカバー画像

思考の整理

10
「ブログに短し Twitterに長し」な内容を書きます。 ブログはこちら→https://khufrudamonotes.com/new-contents Twitterはこちら… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

だから、その文章は読みにくい!(読みにくさ指摘アプリを作った話)

「文章の読みにくい部分」に色を付けて指摘してくれるウェブアプリを作りました。 …読みやすい文章を書くのって大変だと思うんですよ。 ついつい「という」とか「こと」とか使っちゃうし、細かくチェックするのも面倒だし。 だから、以前から「読みにくい部分をチェックしてくれるアプリがあったら便利なのにな…」と思っていました。 そして、最近「あれ?今なら自分で作れるかも」と感じてやってみたら…、できました。笑   個人的にはかなり重宝しているので、よかったら使ってみてください。

スキ
4

"作曲AI"に対して思うこと【音楽×人工知能】

今回は、巷でしばしば話題に上がる"AI"を使った作曲について、僕の感想を語っていきたいと思います。 ※あくまで僕の私見です。 はじめに"AI"についてまず、"AI(artificial intelligence)=人工知能"は、はっきりとした定義が定まっていない言葉です。 「人工的に作られた知能を持つ物体あるいはそれを作ろうとすることによって知能時代を研究する分野である。」中島秀之 「知能を持つメカないしは心を持つメカである」西田豊明 「知能の定義が明確ではないので

スキ
3

情報過多の時代に、心の平穏を保つために。【スマホの使い方の工夫など】

  近年はインターネットの発達とSNSなどの隆盛によって、たくさんの情報が手軽に得られます。 しかし、一方で「多すぎる情報に心の平穏が乱される場合がある」とも感じます。 そんな中で、心の平穏を保つためにやっている工夫を紹介します。 スマホの使い方の工夫 スマートフォンは便利です。 一台で地図、翻訳、メモ、調べ物…いろいろできますよね。 今や、スマホ無しで生活するのは不便極まりないでしょう。 一方で、特に用事も無くスマホをダラダラ眺めるのは有意義な時間の使い方だとは

スキ
1

自分にできることをまとめてみた。

こんにちは。KHUFRUDAMO NOTESのYoshito Kimuraです。 自分の"できること"をマインドマップにまとめてみました!(๑˃̵ᴗ˂̵)و もちろん、「できる」と言っても、どの程度「できる」かはモノによって差があります。 歴が10年以上、自分の中で比較的得意なものには★をつけています。 より具体的な「作品例」や「成果物」を踏まえた情報は、こちらのページ↓にまとめてあります。

スキ
4

お茶しましょう。お茶を飲むとは言ってない。

「お茶しましょう。お茶を飲むとは言ってない。」 ってフレーズが頭の中に思い浮かんでちょっと「…ふふっ」ってなりました。 たしかに、"お茶してるけど、誰もお茶を飲んでいない状況"って結構あるのでは? ちょっと脳内が面白かったです。 それだけ。

スキ
1

SNSではなくブログに文章を書く理由

まず、僕は文章を書くのが好きです。 文章を書く理由は、「情報の整理」と「記憶のアーカイブ」のためです。   僕は、頭の中だけで何かを考えるのは、良い方法だとは思いません。 なぜなら、"人間が脳内で一度に処理できる情報量"は意外と少ないので、放っておくと、すぐ脳内が散らかるからです。 脳内が散らかると情報を処理する余裕は無くなり、余計な思考がグルグル巡って気分が悪くなります。 いわゆる"悩んでいる状態"です。 逆に、頭の中の情報を外部に書き出せば、余計な情報を脳内

ヤバさ

衝動的で短期的な要因による奇抜な言動は、ヤバく見えても軽いヤバさ。 "反復"や"習慣"の上に成り立つ言動の中にこそ、重厚感のあるヤバさが潜んでいると思う。

スキ
1

パソコンが得意な人と、苦手な人の気持ちを「掛け算」で考えたら納得できるかも。

「この作業は○○使った方が便利ですよ。」 「いやいや、私はアナログな人間なんで~」 コンピュータの活用と学習負荷の関係コンピュータは便利です。使い方さえ分かれば、多くの作業を効率的に処理できます。 ある程度コンピュータに精通している人からすれば、「この作業は○○使った方が便利なのに!」と言いたくなります。 一方で、コンピュータの操作は一朝一夕で身に付かない部分も多いです。 コンピュータが苦手な自称"アナログ人間"の方からすれば、「使うのが難しい!」や「むしろ慣れた方

スキ
3

コミュニケーション能力の話

あらゆる界隈で「"コミュニケーション能力"の高い人間」が求められています。    …そもそも、"コミュニケーション能力"とは何でしょうか。 Wikipediaには、「他者と意思疎通を上手に図る能力」とあります。 …と、するならば 「"コミュニケーション能力"が低い人間」に対して意思疎通を上手に図れる方が、より"コミュニケーション能力"が高い となる気がしますね。   さて。 意思疎通上手くとれない相手に対して、「あの人は"コミュニケーション能力"が低いから…」

その「考え」は、すぐ書き出せ。【思考法】

頭の中だけで、「論理的で複雑な思考」を試みるのは良くないと思います。 それはなぜか。 「2桁×2桁の筆算」をイメージしてみてください。 …おそらく、10秒もかからずに答えは出るでしょう。   しかし、同じ計算を「暗算でやれ」と言われると…大半の人間は けっこう手こずります。 「…あれ、…さっき"繰り上がった数"なんだっけ?」みたいな。笑   2桁×2桁のかけ算でこの有様ですから、人間が「論理的で複雑な思考」を脳内だけで試みるのは、よい方法だとは思えません。