松本健太郎

野球・政治・経済・文化など様々なデータをデジタル化し、分析・予測するのが得意な人です。取材や執筆依頼はTwitter か i_effective_executive[アットマーク]yahoo.co.jpまで。
    • 日経COMEMO

      • 10324本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • インサイトまとめ

      このマガジンでは、松本健太郎が書いた「インサイト」のノートを公開します。

    • データまとめ

      このマガジンでは、松本健太郎が書いた「データサイエンス」や「データリテラシー」のノートを公開します。

    • 「グラフをつくる前に読む本」全文公開

      2017年9月に刊行された書籍の全文公開マガジンです。現在、8章中1章分が公開されています。 https://www.amazon.co.jp/dp/B075WRLPGV

    • 「アイデア量産の思考法」番外編

    • すべてのマガジンを表示
  • アイデア量産の思考法~市場や商品ではなく、人間を見に行こう

    松本 健太郎
  • 誤解だらけの人工知能~ディープラーニングの限界と可能性~ (光文社新書)

    田中 潤,松本 健太郎
  • 未来IT図解 これからのデータサイエンスビジネス

    松本 健太郎,マスクド・アナライズ
  • データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい (毎日新聞出版)

    松本 健太郎
  • グラフをつくる前に読む本[一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか]

    松本 健太郎
固定された記事

朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」に出演して気付いた"TVの凄さ"を語りたい

2月6日に放映された朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」の「マイブームが世界を変える!?バズる新奇事象」回に、ゲストブレーンとして出演させて頂きました。 これで私も…

ド短期で売上高めるにはエクストリームユーザーの行動パクるのが1番説

「コロナ禍」で売上を増やすには? 「コロナ禍」という異常事態に突入してから3年目、制限に次ぐ制限でガタガタだった日本経済も少しずつ復調の兆しを見せています。 一…

12日前

「マーケティングを学びたい」と問われたらお勧めしている理論と実践の21冊(22年4月版)

デザイナーやコピーライターは独立しても名指しで仕事を受けられキャリアパスが明確だ。対して、企業で仕事を発注するマーケターは、本人も上司も他部署に異動しがちで仕事…

1か月前

「消費者から選ばれる理由」を"見つける"マーケティング

作ってもなかなか売れない時代サントリーは「オールド」や「ローヤル」などを引っ提げて62年、米国に進出する。それから17年経った79年になっても、米国でのウイスキー販売…

1か月前

「証明する」とは、どういうことか? 理解すると何のスキルが高まるのか?

 そしてマーケターにも、日本人特有の悪い癖が見られます。商業化において、世界の成功事例にアンテナを張っておかなければならないのは当然のことですが、日本のマーケタ…

3か月前

「洞察」とは、突然新しい方法で問題と向き合う能力である

一般のビジネスパーソンにもデータを活用する力が求められます。なぜならば、現場力とデータは不可分だからです。例えば、マーケティング施策を考える場合、消費者行動の洞…

4か月前