なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。

W杯だろうと五輪だろうと、だいたい本番まで残り1年、という事になってくると、そこからは個の力が足りなくなって苦しくなる、良い結果が出難くなる、というのは、日本代表が繰り返してきたお馴染みのパターン。なぜそうなるのかは、だいたい本番まで残り1年、という事になってくると、対戦国のチームも成熟されてきたり、対戦国の選手たちの本気度が上がってきたり、という事になるからで、つまり、組織力やモチベーションの部分で優位性を持てなくなると、そこからは個の力の差になってくるので、という事。

この続きをみるには

この続き: 2,167文字

なぜ結局は「個の力」なのか。そして日本のサッカーに欠けているチーム作りの重要なポイントとは。

jube

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
FCKSA55というサッカーブログを2006年から継続中。