冴羽拳史郎

競馬番組理論の研究者。 ■主な執筆 「ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ」(東邦出版) 「競馬の達人」(光文社) 「競馬最強の法則」(KKベストセラーズ)

冴羽拳史郎

競馬番組理論の研究者。 ■主な執筆 「ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ」(東邦出版) 「競馬の達人」(光文社) 「競馬最強の法則」(KKベストセラーズ)

    マガジン

    • 【競馬番組理論】会心の一撃シリーズ

      競馬番組理論で読み切った時の破壊力の凄まじさをGIレースを中心に紹介します。 また失敗事例も。

    • 【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』

      私が2005年に執筆した著書『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』の【WEB版】です。発刊から17年経っても色褪せることのない内容ですので【WEB版】として復活することにいたしました。

    • 【競馬番組理論】名馬の正体シリーズ

      競馬番組理論に取り組むには歴史を知る必要があります。 新しい時代を切り開く馬、今までの時代に終止符を打つ馬がいて競馬の歴史は作られていくのです。 このマガジンでは過去の名馬達の正体を解き明かすことで、その馬がどういう役割を担ったかを斬っていきます。

    • 【競馬番組理論】馬券作家のはなし

      競馬番組理論やサイン読みの馬券作家についての私見です。 暴露系の話アリです♪

    • 【懐かし話】サイン読み競馬全盛時代のはなし

      サイン読みをやっていた頃の懐かし話です。 競馬界の梁山泊と呼ばれたサイン読み集団の一人でした。 暴露系アリです♪

      • 【競馬番組理論】会心の一撃シリーズ

      • 【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』

      • 【競馬番組理論】名馬の正体シリーズ

      • 【競馬番組理論】馬券作家のはなし

      • 【懐かし話】サイン読み競馬全盛時代のはなし

    最近の記事

    根岸ステークス~回顧

    根岸ステークスは馬単本線的中! 根岸ステークスは、単勝、馬単本線的中。 1、2番人気決着というのは超レア 1番人気馬が1着で、2番人気が2着というのは超レアなケース。 昨年、重賞競走では6レースしか存在しない。 金鯱賞 ※馬単3番人気決着 1着ジャックドール(1番人気) 2着レイパパレ(2番人気) 京王杯SC ※馬単1番人気決着 1着メイケイエール(1番人気) 2着スカイグルーヴ(2番人気) 紫苑S ※馬単2番人気決着 1着スタニングローズ(1番人気) 2着サウン

      • シルクロードS~会心の一撃

        馬単万馬券的中! シルクロードSは◎ナムラクレアから〇(地)ファストフォースへ単勝、馬連、馬単的中! 万馬券は狙って取るもの 通常配当側と万馬券は対極にあるもの。 1番人気馬(外)マッドクールが人気に応え連対するのか? それとも連対を外すのか? (外)マッドクールが飛ぶ(=連対を外す)なら万馬券が炸裂する。 逆に、(外)マッドクールを連対から外した通常決着の馬券は購入する必要がないのだ。 これが競馬番組理論の真髄である。 高松宮記念から想定する ご存知の通り、今年

        • 「HERO IS COMING.」

          プロモーションキャラクター今年も昨年と同様に、長澤まさみ、見上愛がプロモーションキャラクターとなり、佐々木蔵之介が加わった。 昨年、見上愛がプロモーションキャラクターとなった際、「誰?」と思った方も多かったのでは? 皇室と競馬の関係 全く無名の女優が起用されたので、不思議だと思ったが、見上愛が起用されたのは、恐らく愛子様と「愛」が同じだからかと。 この2人が示しているのは雅子様と愛子様である。 長澤まさみ→小和田雅子 見上愛→敬宮愛子 「まさ」と「雅」の一致、「愛」と

          • フェブラリーSに向けて

            サウジカップの影響 2020年にサウジカップは創設され、2022年に国際GIに。 1着本賞金13億円。 国際招待レースなので旅費も全て負担してくれる。 そうなると、日本のダート有力馬の多くはフェブラリーSへは出走せず、サウジカップへ出走することになってしまう。 チャンピオンズCを勝利したジュンライトボルトに続き、(外)カフェファラオのサウジカップの招待受諾のニュース。 フェブラリーS3連覇がかかっていた(外)カフェファラオが出走しないことでメンバーレベルの格落ちは否めな

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【競馬番組理論】会心の一撃シリーズ
            冴羽拳史郎
          • 【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』
            冴羽拳史郎
          • 【競馬番組理論】名馬の正体シリーズ
            冴羽拳史郎
          • 【競馬番組理論】馬券作家のはなし
            冴羽拳史郎
          • 【懐かし話】サイン読み競馬全盛時代のはなし
            冴羽拳史郎

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            アメリカJCC~回顧

            枠が走る日本の競馬 中心馬と考えたガイアフォースは、まさかの5着敗退。 中心馬のガイアフォースの同枠エヒトの2着連対。 『枠が走る日本の競馬』 故高本公夫氏の名言であるが、まさにその結果であった。 ガイアフォースの何が足りないのか? 実はこれも事前に「もしかしてこの部分が禁止条件か?」と頭を過ってはいたのだが、こういうところに落とし穴がある。 枠連では捉えていたのだが、まあ、これは仕方なし。 ノースブリッジの戦歴 ノースブリッジとエヒトは連対候補として挙げてい

            東海ステークス~回顧

            東海ステークス~回顧 東海ステークスは馬連的中。 トップナイフの再現性 登録馬を見た瞬間、ハギノアレグリアスは鉄板の連軸だと思った。 その理由は、ホープフルステークスの2着馬トップナイフとクリソツの戦歴だったから。 この2頭が同じ馬だと解らないと、戦歴論は理解できないだろう。 トップナイフ 萩S1着→京都2歳S2着【阪神代替1800m+阪神代替2000m】 ハギノアレグリアス 太秦S1着→みやこS2着【阪神代替1800m+阪神代替2000m】 ホープフルSの際にも

            レーティング数値の記載

            レーティング数値の記載 体調不良もあり、ずっと更新が滞っておりましたが久しぶりの更新で。 (連続記録が途切れたのでモチベーションが下がりまくりまして) 今週からJRAのホームページの出馬表にレーティング数値が記載されるようになりましたね。 何らかのサイン的メッセージを出してくるだろうなと思いましたが、中山競馬場と中京競馬場ではしっかりと出してきました。 全て使われたので恐れ入ります(笑) 初富士ステークスはしっかりとスルーセブンシーズが勝利。 そして、最終レースは、イル

            シンザン記念~回顧

            やはり2番人気にしてきたか 絶対の連軸(外)ペースセッティングから馬連的中。 ライトクオンタムが2番人気になった時点で、「ライトクオンタムにやらせる」と。 1番人気だと【ルドルフ超え】抵触。 2番人気に遠慮し、7頭立てのイレギュラー戦だからやれたのだ。 ディープインパクト 新馬1着→若駒S1着【7頭立て】 ライトクオンタム 新馬1着→シンザン記念1着【7頭立て】 ディープインパクト最後の産駒、ライトクオンタム。 ディープインパクト時代の【幕引き】に指名されたライトクオ

            【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』(19)

            プライド高き馬、ナリタブライアン 「ナリタ」や「オースミ」の馬主が、山路秀則氏というのはよく知られている。「ナリタ」の冠名馬では、三冠馬ナリタブライアン、皐月賞馬ナリタタイシン、菊花賞馬父ナリタトップロード、3頭のGⅠ馬がいる。それに対して「オースミ」冠名馬からはGⅠ馬が出ていない。 「ナリタ」馬名だけが活躍できるのはなぜだろう。ここにも馬名が大きく関係している。2つの冠名について調べてみると、オースミの冠名は、山路氏の出身地、鹿児島県大隅地方から取ったもので、ナリタの冠

            【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』(18)

            トウカイテイオーの勝利したGⅠレースの秘密 ここでトウカイテイオーが勝利したGⅠ競走についての興味深い話をしよう。 最初に勝利したGⅠは皐月賞である。単枠指定馬として皐月賞に出走したが、このときのゲートを見ると20頭立ての20番の端。そして、ダービーでも単枠指定され、皐月賞と同様に20頭立てで20番の端に座った。要するに、枠連時代最後のクラシックを本来の単枠指定と今後の単馬指定に当たるゲートに入ることにより、時代のバトンを渡す役割を担ったのである。 その後トウカイテイオ

            【WEB版】『ディープインパクト誕生の裏に隠されたシナリオ』(17)

            メジロマックイーン降着の真実 次に、シンボリルドルフが古馬になって唯一敗れたレース、天皇賞(秋)を見てみよう。 2頭は別々の年度に出走する。   平成3年 天皇賞(秋) メジロマックイーン(1番人気) 平成4年 天皇賞(秋) トウカイテイオー(1番人気)   2頭はともに1番人気に支持された。 平成3年の天皇賞(秋)で起きた歴史的大事件を覚えているだろうか。1位でゴールしたメジロマックイーンがまさかの18着降着となった事件。ルドルフの2分割馬として演じているマックイーンが

            ドウデュースの正体

            ドウデュースの正体とは・・・ 久しぶりの正体シリーズ。 第11弾。 昨年はドウデュースが勝利し、後に日本ダービー馬となった。 まず、アイネスフウジンとミホノブルボンの関係。 平成元年 アイネスフウジン 朝日杯3歳S1着→日本ダービー1着 平成3年 ミホノブルボン 朝日杯3歳S1着→日本ダービー1着 元号が変更になった初年度は、2歳GI馬が日本ダービーを勝つ。 【新元号の申し子】として、平成元年のアイネスフウジンは日本ダービー馬を回収した。 そして、その平成元年に生まれ

            万馬券のメカニズム

            万馬券のメカニズムとは・・・ 私の提唱する競馬理論は、『万馬券は万馬券の買い方』となる。(ここでいう万馬券は、枠連、馬連、馬単の万馬券のこと) 言い換えると、通常決着の予想をして、その延長線上に万馬券の買い目は発生はしないということである。 例えば、先週のチャンピオンズC。 近しい人と話をしていたのは、 『テーオーケインズが連覇なら万馬券はでない』 『テーオーケインズがぶっ飛ぶなら万馬券がでる』 という話。 言いたいことは、テーオーケインズからの馬券で万馬券は発生しな

            エリザベス女王杯~回顧

            ジェラルディーナの単勝的中 結果は単勝的中。 エリザベス女王が崩御し、何らかの象徴的な事をやってくるとは思ったが、まさかの2着同着決着。 何年か経ってから、エリザベス女王陛下が崩御した年はいつだったか遡ろうとした時に、「2着同着だった年度」というのは非常に解りやすい。 女王陛下が崩御した9月8日 昭和天皇が崩御した年度の天皇賞(春)は枠連1-7だった。 1-7と言えば、昭和天皇が崩御した1月7日。 エリザベス女王は9月8日に崩御したので、8-9の出目には注意してい

            天皇賞(秋)~回顧

            痛恨のミス~1995年の再現性 天皇賞(秋)はかなり見えていると思っていたので、やられることはないと思っていたが、痛恨のミスによる大失敗。 絶対的連軸であるイクイノックスとジャックドールの1点で決まると会員の方々にお伝えしたが、ジャックドールではなくパンサラッサの方であった。 ここでは深くは書けないが、私の理論を一つだけご披露したいと思う。 まず、今年の解読のポイントの一つは、札幌記念が【最後の定量57kg戦】というのが挙げられるかと。 これと同じ状況なのは、1995年。

            天皇賞(秋)検討会を開催しました!

            東京オフ会を開催しました! 10月24日(月)に天皇賞(秋)の検討会を兼ねた東京オフ会を開催しました。 平日の昼間にも関わらず多くの方がご参加いたしました。 雑誌『競馬ゴールド』の話 参加者のお一人が、昔の競馬雑誌『競馬ゴールド』を持参。 『競馬ゴールド』に執筆していた方もオフ会にご参加頂き、執筆陣の裏話も聞けて大盛り上がりでした。 また、ハガキでの読者競馬予想で1位だった方までw 懐かしいですねぇ~ 今回のオフ会は凄く盛り上がりまして、2次会へも突入。 2次会は