ケンジ

Webフロントエンド領域をさわるエンジニア / 得意分野 : フロントエンド領域とUI…

ケンジ

Webフロントエンド領域をさわるエンジニア / 得意分野 : フロントエンド領域とUIデザイン / 好きな技術とツール : TypeScript & Figma

マガジン

  • ベーシックのnote

    • 88本

    ベーシックのメンバーが書いた全てのnoteです。「入社エントリ」「取り組み」「カルチャー/マインド」に限らず、ベーシック社員が考えていること、熱い想いが詰まっています。ぜひご一読ください。

    • ベーシックのnote

      • 88本

最近の記事

職域横断的なモブデザインによる効率化の探求

はじめにプロジェクト進行において、知識や作業方法は徐々に特定の人物に依存する傾向はあり、サービスやプロジェクトが連携し、複雑化する中で、一人のデザイナーが複数のプロジェクトを担当する必要性が生じることもあるでしょう。このような状況では、コミュニケーションの改善が不可欠となります。 立場によって、コミュニケーションのズレから生じる問題も変わってきます。具体例を挙げると、 エンジニアから見た問題 :Issue やデザインカンプから意図や文脈を理解するのが難しく、特にリリース期

    • Atomic Design への誤解で生じたデザインとフロントエンドの溝 - 有効性について再考する

      はじめに Webフロントエンドで UI を構築する際に、Atomic Design という考え方を取り入れる機会は多くありました。しかし、Atomic Design の考え方はデザインとフロントエンド間で混乱が生じることも多くありました。 そこで、Atomic Design の有効性とこれからの考え方についてまとめようと思います。 ちなみに、再考するきっかけになったのは、Atomic Design の発案者である Brad Frost 氏が「Is Atomic Desig

      • 挑戦とチームプレーが好きな僕が、ベーシックを転職先として選んだ理由

        はじめまして、冨田健治と申します。私は株式会社ベーシックにて、 ferret One というサービスの開発エンジニアとして従事しており、現在は主に Webフロントエンド領域 を担当しています。 ベーシックに入る前は、受託の Web制作会社 にて、 jamstack構成 で CMS構築 や Webアプリ を実装する Webフロントエンドエンジニア として、またフィリピンのオフショア開発会社で Webディレクター としても働いていたことがありました。 この note では、そ

      職域横断的なモブデザインによる効率化の探求

      • Atomic Design への誤解で生じたデザインとフロントエンドの溝 - 有効性について再考する

      • 挑戦とチームプレーが好きな僕が、ベーシックを転職先として選んだ理由

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • ベーシックのnote
        ベーシック note編集部 他