戦国セーラー女装恵美

痛い女装。ウェブ関係で働く永遠の厨二ですよ〜。井原西鶴の「男色大鑑」の完全女装現代語訳中。マンガは上手じゃないけどネタで勝負!カカオのIDは owarihimeemiメールは emitaka1980 Gmailだよ

第1部完結!最高の純男が400年ぶりによみがえる! 超時空女装現代語訳『男色大鑑<男の娘編>』第6話

「男色大鑑」の井原西鶴は、作家である前に、俳句の達人だったとのこと。それだけに、はしょっている要素が多く、行間を読め、背景を読め、ということが求められるのだそう…

疑似姉妹女装のための現代語訳「男色大鑑<男の娘編>」第5話

女装をしたら一度は持ちたいもの、それは姉妹。もちろん女装のね。  超時空完全女装現代語訳も、はや5話目です。美しい女装の「姉妹」が出てきたら、トライアングラーな…

女装もすなる土佐日記 女装と純男のための完全女装現代語訳『男色大鑑<男の娘編>』その4

えっ、あのアイドルが退所会見?   江戸時代でも男の娘(若衆)の引退は大きなニュースになったようです。井原西鶴の代表作「男色大鑑」を「女装」から読み解く超時空完…

真夏の夜の夢~女装と純男のための完全女装現代語訳『男色大鑑<男の娘編>』その3

「好色一代男」で知られる江戸時代の井原西鶴の代表作「男色大鑑」。タイトルの通り、男同士の色恋がテーマです。ボーイズラブやゲイ文学としては多くの人に読まれ、愛され…

女装は薬!女装と純男のための完全女装現代語訳『男色大鑑<男の娘編>』その2

「好色一代男」で知られる江戸時代の井原西鶴の代表作「男色大鑑」。傑作中の傑作とも言われながら、男色=同性愛を正面から取り上げられているため、なんとなく無かったこ…

女装と純男のための完全女装現代語訳『男色大鑑<男の娘編>』その1

『男色大鑑(なんしょくおおかがみ)』は、『好色一代男』で知られる江戸時代の作家、井原西鶴のノンフィクション風フィクションな作品です。言うまでも無く、「男色」つま…