チェーンソーブーツの安心感
見出し画像

チェーンソーブーツの安心感

林業 小倉丈一郎

どうも、小倉丈一郎です!

2021年4月に新潟から奈良へ
移住して「きこり」やってます!

新潟で林業家として独立するために
奈良の森庄銘木産業で林業を学んでいます。

森庄オンラインショップ↓
林業家が選ぶオンラインセレクトショップ
MORITO


【造材作業の危険】

枝払いや玉切りなどの造材作業では
作業対象の材が足元にある状態が多く
とても危険です。

力を入れ過ぎたり、材からチェーンソーの
ガイドバーが外れてしまった時に
足の甲やつま先を切ってしまう事故が
とても多いです。


【スパイク地下足袋が主流】

林業界では山林で使用する靴として
スパイク付きの地下足袋が主流です。

しかし、近年チェーンソー使用に関する
法令の改正と安全意識の高まりによって
チェーンソーパンツ(チャップス)と同様に
チェーンソーブーツの普及が進んでいます。

チェーンソーブーツはとても高価な
ものですが地下足袋と違い足を守るための
保護部材が多く使用されているため
とても安心感があります。

地下足袋から履き替える人にとっては
慣れるまで少し作業しにくいですが
慣れてしまえばとても動きやすい
作業靴だと思います。


山からは以上でーす!
またあした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
林業 小倉丈一郎
新潟県三条市出身 26歳です。新潟から奈良へ移住して「きこり」やってます!新潟で林業家として独立します!林業、山仕事、技術、様々な内容で書いてます! Instagram/@joichiro.ogura 林業 小倉丈一郎