見出し画像

カウンセリングマニュアルを作るのを勧める理由④


28歳、小童な私の数年という経験からにはなりますが、、

「カウンセリング上手くなるには、
練習をたくさんした方が良い」
とは言いますが..

たくさんの量をこなせば、
上手くなれるかというと、
おそらく無理です..

量を「こなす」
この、とりあえずやればいけるという感じが、
時間の無駄でしかありません。

時間というのは貴重です。

同じところで躓き、同じところで間違え、
成長があまり見られないでは、
意味がありません。

毎回、「課題」をもって練習を望み、
確実な成長をし続ける事が必要です。

しかし、
この「課題」というのを見つけられないから、量をこなす練習になります。

「課題」というのは、
経験を積んで色々多角的に見えるから、
分かってくるものであって、
新人など経験が少ない人はとくにわかりません。

だから若いうちは「たくさんやる」という量をこなす方向になります。

非常にもったいない。

「課題」は、
基準となるものがあれば、
それ以下ならそれが課題となります。

基準=マニュアルになってきます。

つまりマニュアルがある事で、
自分が今どの立ち位置なのかわかり、
課題も見つけやすく、
練習の質を上げて、
成長スピード向上、デビュー日の短縮を
可能にしていきます!

課題を見つけやすい、
基準ってどうやって作ればいいのか..
悩まれる方も多いかと思います。


そんなこんなで、
マニュアルをプレゼントもするし、
マニュアルも一緒に作る、
そんなセミナーをはじめました。

詳しくはこちら
https://www.jmta.site/16109398354128

こちらにも登壇中💁‍♂️
毎週様々なジャンルで情報交換しているオンサロはこちらから
https://www.facebook.com/groups/229836638984541/?ref=share

気になる方はコメント欄にてお問い合わせお待ちしてます📝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!