見出し画像

着物で涼しく過ごす方法。


暑さで着物での外出を躊躇していませんか?
 
着物っていざ着てしまえば 思いのほか涼しいものです。
Tシャツなんかより全身を覆っているので
直射日光を防いでくれるし(わざわざ長手袋なんか必要なし)
衣紋や身八つ口からは風が入ってきます。
それに 着物着て帯を締めればシャン背筋もシャンとして
だらだらと暑がっているより気分も引き締まってすっきりします。

だけどちょっとした工夫で
より涼しく快適に過ごせれば 夏着物がもっと好きになれますね。

夏の普段着物は洗える素材であることが
気分も手間も一番です。ただし天然素材。
ポリを着ると自分の汗で溺れて汗疹だらけになる覚悟が必要です。

まず下着ですが 肌襦袢をお召しになる方は
(実は私は肌襦袢を着ていません。夏はタンクトップ、冬はババシャツ)
楊柳や麻、晒し木綿を。襦袢もそれに準じます。
どちらも洗える素材で汗を吸い取らせ 着物に響かないようにしましょう。
私は半襦袢派なのですが 本当は夏は長襦袢の方が
腰周りが二重にならずに涼しく、見た目ももたつかず
着物にも影響しないで着姿が美しいです。

着物が透け感の少ない木綿、綿麻、色の濃い目の麻でしたら
レースの筒袖襦袢が楽です。
筒袖ではちょっと、やっぱり振りが欲しい方には
うそつき袖を 薄手の綿ポリや絽、木綿で作って
筒袖の上から縫い付けます。
綿の筒袖があるのでポリの袖でも
直接肌に張り付かずに済み その分サラリと気持ち良く着れます。
ふくよかな方は、裾除けの下には 楊柳のステテコを穿くと
内股がくっ付かないのでべた付きを防げます。

腰紐、伊達締めも天然素材にしましょう。
夏用の紗の伊達締めもあります。
私は 普段は腰紐に伊達締め派ですが
(着付けの終わりにどんどん抜いてしまうので
 最終的には 腰紐1本、伊達締め1本。
 場合によっては腰紐のみ)
夏はコーリンベルトにすることもあります。
伊達締めより幅が狭いので涼しいのです。
質の良い、博多織の夏用伊達締めも優れものです。

着物はお好みで様々ですが 織りの着物は
生地に張りがあって体にまとわり付かず
通気性があって涼しいです。
もちろん、麻が一番涼しいのですが。
 
帯は半幅にすればお太鼓を背負う暑さから
逃れられますが やっぱりお太鼓、という方は
帯板をメッシュのものにして 帯枕もヘチマを使って
少しでも空気が通るようにしておきましょう。
 
着てしまえば 気合も入って
意外と平気なのも着物の不思議です。
でも 着る前の一手として
着替える部屋はクーラーで冷やしておきます。
着付け中は運動量?があるので汗をかきます。
下着を付ける前に メンソール入りのシッカロールを
はたいておくのもいいでしょう。
クール系の濡れティッシュで首筋を拭くのも
汗を抑える効果があります。
裏技?としては 背中や胸元に冷えピタを貼る。
ケーキを買うと付いているようなミニ保冷剤を
ハンカチに包んで帯の間に入れる、なんてのもあります。

今年は ひんやりグッズが沢山出回っていますので
着物でも 上手に取り入れたいですね。

そして最後に
「暑くない!」と自分に言い聞かせること。
これ、効きます。
やってみてください。



じざいや
〒231-0861神奈川県横浜市中区元町3-145-2 TK1ビル3F
月曜火曜定休日 11時~19時
045-662-8005
サイト  https://jizaiya.shop
アドレス jizaiyasakurako@gmail.com
インスタグラムは  https://www.instagram.com/sakurako_jizaiya/
FB   https://www.facebook.com/
Twitter  https://twitter.com/sakurakojizaiya通販サイト https://jizaiya.fashionstore.jp/
小物通販  https://jizaiya.net/
公式ライン https://lin.ee/fAaXDlK
note    https://note.com/jizaiya_sakurako

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
横浜元町の小さなきものセレクトショップ、やってます。木綿着物と紬の専門店です。犬猫大好き。現在猫14匹、犬2匹と暮らしています。お店のサイトは https://jizaiya.yokohama/  ブログは毎日更新中。https://jizaiya.stars.ne.jp/