十六夜

満ち足りた後の透き通った気怠さ。うつらうつらとした浅い眠りの夜の淡いに消え行きそうな短文を書き連ねています。 お気に召したら教えてください。
    • 白河夜船の波枕
      白河夜船の波枕
      • 168本

      季節ごと、気の向くまま日記のように詠んだ句と、テーマやイメージ(世界観)に合うものを「みんなのフォトギャラリー」から選んで合わせてみました。そのコラボレーションを楽しんでいただけると嬉しいです。 お借りした素敵な写真やイラストのフォトグラファーやイラストレーター、クリエイターの皆様、この場をお借りして感謝、御礼申し上げます。 m(_ _)m

    • 十六夜の花便り
      十六夜の花便り
      • 19本

      花や風景、旅行、季節の写真を集めたものです。

    • 朝顔の庭
      朝顔の庭
      • 52本

      初夏から晩夏にかけて、心に留めた言葉を紡いで「句」もしくは「短詩」として書き溜めたものをまとめました。 俳句は季節感を大事にするので、発表のタイミングを逃し時期を逸してしまった未発表作もいくつか入っています。 ほとんどが、日記のように自然に湧き出た短詩のため、同じような単語が繰り返し出現します。それは、きっと私がまだその言葉をうまく消化できていないせいでしょう。こだわりの深さだと思います。

    • ストロベリームーン
      ストロベリームーン
      • 38本

      冬から春にかけて、紡いだ「句」「短詩」をまとめたものです。