ブックウィーク

そらまめ(7歳)とはるさめ(5歳)の2人の娘は2020年1月からインターナショナルスクールに通っています。2ヶ月がたち、言葉はまだわからないながらも、日本人クラスメートや、先生方に助けられなんとか日々を過ごしているようです。

今週は、Book Weekということで、様々な催しが行われました。

本屋さんが子ども向け本をいっぱい持ってきて売っているのですが、子どもたちが欲しい本があったら、こんな紙に書いて持って帰って来ます。本人にお金を渡して買ってきてもいいし、親が買いに行ってもいいし。

画像1

そして「極限状態で読書(Extreme reading)」の写真を送ってね!(学校に張り出されるらしい)という企画や、作家が来て講義をしてくれたりなどもありました。そらまめの希望でブリッジしたり公園のハムスターの運動みたいな遊具やりながら読書、の写真を撮って送りました。

最終日の今日はハイライトともいえる「本の登場人物に仮装して校内をパレード」の予定でした。

が、某ウィルスの影響で直前になってパレードは中止。でも、仮装はしてきてね!ということで、そらまめはモアナ(ディスニー映画「モアナと伝説の海」より)、はるさめはエルザ(同「アナと雪の女王」より)の格好をして、それぞれその本を持って行きました。

実はまだ引っ越し荷物が一部段ボールに入ったままで、モアナの本がみつからず焦っていたら、一昨日このアパートメントに住んで3ヶ月にして初めて出会った日本人のご近所さんに「モアナ持ってるよ!」と言われて私たちが持っていたよりずっと素敵な本を貸してもらうことになり、無事、本と整合性のあった仮装(うちの場合仮装が先に決まって、本は後だけど)をしていけることになりました。

本を買いにいきがてら今日学校に行ったら、思い思いの格好をした子どもたちが、先生たちもなんか仮装してました。ぜーんぜんしてない子もいました。このあたりが、なんかインターナショナルスクールっぽい。

はるさめの御所望の本を買ったのですが、なんかユニコーンづくし。

画像2

そらまめはポケモンの本が欲しいということで、今朝学校に送りがてらどれが欲しいかを教えてもらい、それを買いました。しかしはるさめ4冊に対しそらまめ1冊はあまりにバランス悪しのため、ちょうどいいのないかなぁと探し、つい自分の趣味で選んでしまった絵本はこちら。

画像3

自分になる。この絵本、中の絵もメッセージもステキでつい。

今見たら$17.99と書いてあったけど499ルピー(およそ750円)でゲット。

インドは輸入物なんでも高いイメージだったけど・・・???

そして、バスにのって帰ってきたそらまめを迎えにいったところ「ねぇ、ママ、本は?」といわれ、「買ったよ!ポケモン」、と言ったら、「そうじゃなくて、今日、ライブラリーの本持ってく日だったでしょ!」と言われ・・・

もう母さん仮装のことで頭いっぱいで、毎週金曜日が図書館で本を借りて返す日だってことすっかり忘れてたよ・・・

そんな感じでまた1週間が過ぎて行きました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ほよ?んちゃ!キーン!
4
ACE代表。児童労働をなんとかしたいと22歳でNGO、ACE(エース)を設立。ガーナのカカオ産業、インドのコットン産業で子ども支援と企業連携を実現。現在そらまめとはるさめ(インターネット名)の2姉妹とN氏(夫)と海外生活inインド。

こちらでもピックアップされています

インターナショナル・スクール・ライフ in インド
インターナショナル・スクール・ライフ in インド
  • 8本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。