見出し画像

TONJIRU STAND おうちで楽しむ基本の豚汁レシピ

こんにちは、豚汁エバンジェリストを名乗る世界豚汁協会会長のいわあゆ(iwa_ayu)です。

TONJIRU STANDという屋号を掲げ、世界一ホッとする豚汁を届けるべく、普及活動を行っています。

このnoteでは、私が提供しているTONJIRU STAND基本のレシピを紹介したいと思います。(お家で作りやすい分量にアレンジしています)

TONJIRU STANDの豚汁は、これ1杯でおなかも気持ちも満足してもらうために、具だくさんで、ひとつひとつの具材もゴロっと大きめなのが特徴です。

▼材料(4人分)
豚バラブロック 1本(200g)
大根 160g
人参 80g
焼き豆腐 80g (木綿豆腐でもOK)
こんにゃく 80g
里芋 80g (冷凍が便利)
油揚げ 1/4枚
ごぼう 40g (洗いごぼうが便利)
きのこ 40g
味噌 80g~100g (甘めのお味噌が良い)
水 約800ml
小ねぎ 適量

▼作り方

前日の下ごしらえ
豚肉に塩麴を塗り、ラップでぴったりくるんで、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。


大根・人参は皮をむいて12㎜強の半月切り、いちょう切りにして水にさらす。ごぼうは皮をこそげとってささがきにし、水に30秒程度さらす。里芋は皮をむいて一口サイズに切る。(冷凍皮むき里芋を使うと便利です)


豆腐は1×3×3cmの長方形に切る。
油揚げは脂抜きをし、1×3cmの短冊切りにする。
※耐熱容器に水をはり、油揚げをひたして1分チンするとカンタンに油抜きができる。


こんにゃくはスプーンを使って食べやすい大きさにちぎり、水から茹でる。沸騰したら2分ほどゆで、ざるに上げて水を切る。


塩麴ブタは、1,5mm~2mmの厚みにカットし、沸騰したお湯にさっとくぐらせ、10秒程度で取り出す(霜降りをするという)。
フライパンが冷たい状態のままのせ、火をつけて焦げ目がつくまで両面焼く。じっくり脂が出てくるので捨てない。別皿に取り出し、フライパンは洗わず取っておく。


フライパンに再度火をつけ、ごぼうを炒める。ごぼうがしんなりしたら、大根と人参を加え炒める。


5を大鍋にうつし、残りの材料も加えて軽く炒め合わせ、全体に火が回ったら水を加えて中火で煮る。途中アクと油が出てきたら丁寧にとる。フライパンは洗わず取っておく。

※あまりアク・脂を取りすぎると旨味まで抜けてしまうので、ほどほどに。


空いたフライパンに味噌を入れ、火をつけて軽く焦げ目がつく程度に焼く。


野菜に半分くらい火が通ったら、火を止め、取り出しておいた肉と、半量の味噌を加えて再度煮る。完全に火が通ったら残りの味噌を入れて完成。

お好みで小口切りにした小ねぎをパラっと乗せて召し上がれ。

▼美味しくする3つのポイント
1 出汁は使わない
2 味噌は複数ブレンドし、焼きつける
3 豚はブロック肉を使い、塩麴に漬けておく

好みで水だし昆布のお出汁を使うなどもOKですが、肉の臭みを消す塩麴マジックと、香ばしく焼いたお味噌の風味などが相まって、素材の旨味だけで十分美味しくなります。

ボリュームたっぷり。お椀にてんこ盛りになると思うので、どんぶりによそっていただくことをオススメします。

普段のお味噌汁より、ちょっと贅沢な豚汁、ぜひ、お試しください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。日ごろお世話になっている周りの人たちへの恩返しのために使わせていただきます^^

ありがと★
114
株式会社アイスタイル 事業開発 | 発酵ワークショップ"カラダメンテキッチン"オーナー | 週末キッチン料理人 | 朝渋 | Nサロン | サンカク | ペアドク | 元日経COMEMO KOL | パラレルワーカー

こちらでもピックアップされています

TONJIRU プロジェクト
TONJIRU プロジェクト
  • 52本

TONJIRU STAND世界進出に向けた共同マガジン。メンバー奮闘劇レポートや仮想店舗の音声配信をしていきます。

コメント (2)
豚汁に最近ハマり出して、週4日ペースで食べてました笑
このレシピ参考になります!
コメント嬉しいです!週4ペースとはすごい!こちらのレシピの感想もお待ちしています^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。