挫折

「いつも怒られるんです。理不尽なこともあるけど我慢しているんです」

「自分が我慢すれば、うまくいくと思うんです。だから怒られても我慢します。職場でも、あんまり頻繁に注意されたりするので自分が無能なんじゃないかと思ってしまいます。」「どうも不運続きで、この前も警察に職質されてずいぶん時間をロスしました。」

こんな話しをするクライアントさんがいます。
自分でも負のエネルギーを一手に引き受けているんじゃないかと思うそうです。
この方は、ご自身で言うように本当に無能なんでしょうか。

こういう方は、背景に暴力的なエネルギーを浴びた可能性があります。
ひとは暴力エネルギーが支配する環境で生き延びるために「自分を差し出す」という手法を身につけたりします。

何をされても我慢する。耐えるしかないと思っています。
この手法では身体的精神的に相手に支配されてしまいます。新しいことをやる力が奪われます。能力も奪われ、アホかピエロのように見えるかもしれません。バカにされることも多いでしょう。この人は本当にバカなのでしょうか?

否。そんなことはありません。
無能にさせられているだけです。
才能だってあります。

そこから抜ける方法は。
自分のエネルギーを守り、育てていくことが必要です。

・暴力エネルギーから離れること。
・我慢するのを止めること。
・自分でも何かできるはずと思うこと。
・友達を増やすこと。
・自分にとって大切な好きなことをやること。

自分のエネルギーが吸い取られてしまわないように、身を守り、自分のエネルギーを守り育てないといけません。我慢するのをやめることです。

第一に自分が自分をあきらめないこと。
変わることを決めればそうなります。

そして、それを応援してくれる友人をもつこと。
凹んだり、折れそうになった時に支えてもらう必要があります。

自分にとって大切なことをやる。わくわくしたり、深い充足感をあたえてくれるもの。その感情はあなたの生命エネルギーそのものです
大切に育ててあげましょう。

-----------------------------------------------------------------------
感情に振り回されず人生を自分のものにしていく
「感情の学校」を主宰しています。
・リアル版授業はこちらをクリック
→ https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
8
心理カウンセラー。「感情の学校」を主宰。 感情をガイドにしながら自分の中心にある大事なものを大切にする生き方を提唱している。