見出し画像

【感想】対話と人と読書~絵本de考えるカフェ6.22開催~

紗良

 大分県鉄輪の志水健一さんが主催する「対話と人と読書~絵本de考えるカフェ6.22~」に参加してみました。
 志水さんは、対話を大切にしたオンライン哲学カフェ・こども哲学の時間・読書会さらに、不登校の子供たちの居場所づくり「別府フリースクールうかりうハウス(こちらも大分県の鉄輪にあります)」などの活動を行っている方です。
 今回ありがたいことにご縁があり、イベントの中の「~絵本de考えるカフェ6.22~」に参加させて頂きました。

【絵本】スープとあめだま   作 ブレイディみかこ

 今回の絵本は、ブレイディみかこさん作の「スープとあめだま」でした。
この絵本は、男の子がお姉ちゃんと一緒に雪の降る中、ホームレスのボランティアに参加し、そこで得た経験を書いた一冊です。男の子の気持ちの変化が純粋で素直で温かくて良いな、と私は感じています。

 今回私は、オンラインで参加させて頂いたのですが、鉄輪のフリースクールでも5名の方が参加しており、感想やホームレスについて各々感じたことを共有していました。その場には、他者の意見を受け入れる温かみがあり、みんなの意見に優しく、かつ一生懸命に耳を傾ける姿が印象的で素敵だと感じました。

今後も毎月開催されるということですので、次回からも参加してnoteに感想を載せていきたいなと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
紗良
自分、他人、生き方について内から湧き上がるギモンを自分なりに考えてみる。モヤモヤと対話してみる。そんな姿が少しでも誰かの救いになりますように心から願って。 思い思いに綴ります😌