伊藤武@斎藤清版画ギャラリー

福島県会津若松市で斎藤清版画ギャラリーを運営しているイトー美術( http://itobi.sakura.ne.jp )の伊藤武と申します。 自分が生涯を託した作家とその画業をお知らせすると同時に、日々の雑感を思いつくまま書き留めたいとの思いで、noteをはじめました。

年相応に、丁寧かつ、慈しみながら過ごす

未だ、体が本調子ではないが、快復の兆しが見えてきた。若い、謙虚な医師に相談して、今必要かつ最小限の薬を処方して貰った。漢方系の、喉を潤し、咳き込みを和らげる薬を…

旬の食材にリーズナブルな価格と味を望むのは、無理?

先日来、夏から秋にかけての味覚、梨を食べたが、最初は、繊維が多数残り、不味いし、二度目は、味にムラがあり、三度目は、多少高いものに手を出し、満足したものの、やり…

この度も何とか生還できたかな?

ここ一週間十日で、普段起こっている事が、より頻繁に、より深刻に起こり、命を脅かしている感がする。今年七十九になる高齢者としては、何事があっても不思議のない年齢で…

マジとリアリー

話をする時や文章を書くとき、外来語やカタカナ等をかなり意識して使うことがある。いまだ慣れないのが「コンセプト」と「マジ」である。前にも話したかもしれないが、ある…

労働生産性は、必ずしも人の価値基準にはならない?

先般、コメンテーターの方が「将来、人は働かなくてもいいようになる」等と語ったが、何故そうなるかについての言及はなかったと思う。多分、更に働き方改革が進んだり、多…

コシがあり、喉越しがいい

以前より、このワードの解釈が、気になっていたが、人により、時代により様々であり、聞き流してきた。蕎麦の旨さを語る場合、不可欠であるが、これまで、究極の蕎麦に出会…