見出し画像

旅日誌2019夏旅その1−会津・置賜・TDR・函館−②

2日目も朝起きて、速攻で温泉に入って、お食事までのんびり。

やはり朝ごはんも充実。とても満足。

画像1

タクシーで一旦、会津若松駅へ。

昨日行きそびれた野口英世青春記念館へ。&昨日の打合せの続き。

おしゃれな雰囲気を感じながらコーヒーを。

画像2

画像3

その後、ハイカラさんで御薬園へ。

少し雨も降っていましたが、いろんな薬草見たり庭も綺麗でお散歩にぴったりな場所でした。

画像4

画像5

画像6

続いて、飯盛山へ。

エレベーターめっちゃ急w捕まってないと確実に落ちるやばいレベル。

画像9

画像8

白虎隊の墓やさざえ堂を静かに巡りつつ、飯盛山からの会津若松市内の景色はなんだか、心が落ち着きました。


今回行きたかったところは実は全部行けてしまった(ハイカラさん、あかべえでの移動がスムーズに行った)のがびっくりですが、絶対また来たい会津若松。今度は武家屋敷とかべこの乳かな。


会津若松を後に磐越西線で、郡山へ。

郡山で乗り換えついでに、エスパルで向山製作所で生キャラメルをゲット。

画像10

駅で酪王のサブレもゲット。ままどおる買うの忘れたw


そんなこんなで、山形新幹線つばさで赤湯へ。


赤湯駅、駅舎が立派だったのは帰りに気づいたんだけど・・・、タクシーで山形座 瀧波へ。今回のメイン。


着いて早々、宿のクオリティに超絶ビビる。

部屋はメゾネットタイプ。お部屋には露店風呂付いてます。蔵王石すげ。

画像11

ベッドもふかふか。

画像12

花笠をチラ見しつつ、速攻でお風呂に入るよねw

画像30

生キャラメル食べてはお風呂に入るという、ちょっとおかしな時間を堪能w


でのほほんタイムを満喫したら、あっという間に夜ごはん。

ここからは日本酒飲みまくりタイムの始まり☆

※しばらくお料理とお酒の画像ですw

だって美味しかったんだもん。

画像13

画像14

まずは十四代から。

画像15

画像16

画像17

画像18

手前の若い料理人さん、イケメン。

画像19

画像20

また違うお酒w

画像21

画像22

また違うお酒w

画像23

画像24

米沢牛だったかな、持ってきた。

画像25

画像26

画像27

ごはんが炊きあがりました。

画像28

お蕎麦も美味しかったよ。

画像29

〆はデザート。

お料理は時の物、地元のお野菜なんかもふんだんに使っていた。

どちらかというと女性向けメニューですって宿の人は行ってたけど、

お酒も飲みすぎたせいか、自分的には大満足。


そして日本酒は8杯くらい頂いたかな。

いろんな銘柄のものを、飲みやすさ重視でチョイスしていただきました。

久々飲みすぎを自覚したので、明日に備えて早めに爆睡。

2日目はこんな感じ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
ダッフィーとチョコとお酒が好きすぎるシングルパパ/大学教員/共生社会論/居場所/社会的養護/児童自立支援施設/里子/障害児施設/2019年の目標 フィンランドにチョイ住み/福岡のよいところ探し/仕事も子育てもほっこりと/ダッフィーとチョコとお酒はガチで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。