Tomita Itaru

元月刊G-men編集長(〜2014年)。「オリイジン」(ダイヤモンド社)にライター/編集として参加。ダイバーシティ&インクルージョンをテーマにした記事や、好きな映画のこと、日常のあれこれなど書いています。1964年、別府出身。itaru.tomita1964@gmail.com

「テレワーク(オンライン)ゲイバーで、収益をあげる方法」を考えてみた

新型コロナウィルス感染拡大の速度が速くなっていくばかりの毎日。SNSを見ていても「これからどうなっちゃうんだろう?」という不安が大きくなるばかりで、心がざわめいて…

「ダンサー、そして私たちは踊った」に見る、ゲイコミュニティの原風景

◾︎映画の中のゲイは「禁断」から「当たり前」の存在に かつて、映画の題材として「ゲイ」を取り上げる時は「禁断の」という決まり文句が使われていました。 例えば1981…

[レインボーリール東京2019]LGBTショートフィルムの魅力

毎年、7月に開催され、今年で28回目となった「レインボーリール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、日本のLGBT関連の中ではもっとも長く継続しているイベントです…

LGBT映画の祭典[レインボーリール東京2019]スパイラル初日レポート

7月5日(金)〜6日(土)に東京ウィメンズプラザで一部のプログラムを先行上映、そして7月12日(金)〜15日(月・祝)の週末3連休は青山スパイラルホールにて全プログラム…

どのキャラの視点で見るかで、映画「ゴッズ・オウン・カントリー」の印象が大きく変わるというお話。

イギリス北部ヨークシャー地方の農場を舞台に、その農場の跡取り息子・ジョニーと短期雇いでやってきたルーマニア移民の男・ゲオルゲのラブストーリーを描いた映画「ゴッズ…

LGBT映画の祭典「レインボーリール東京2019」最速レポート

今年も、東京に夏の始まりを告げる映画ファン待望のイベント「第28回レインボー・リール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開幕しました。 7月5日(金)6日(土)…