見出し画像

あるクリスマスの日

その年の12月24日、仕事を終えた僕は、深夜に帰宅することとなった。

クリスマスに何かを求める年齢ではなくなっていたが、心の中に虚無感に似たものがあるのも確かだった。

オートロックを解除して、エントランスに入ったとき、僕は内心ため息をついた。

――ああ、タイミングが悪かったな。

エレベーターの前に外国人の男女グループがおり、アルコールが入っている人間ならではの声量で会話していたからだ。4人とも、欧米人らしかった。このマンションの住人なのか、あるいは住人を訪ねて来たのか。そのあたりは不明だが、他人の迷惑を考えられない状態であることは明確だった。

エレベーターが到着し、ドアがひらいた。4人組はベラベラと喋りながら、またベタベタと互いの身体に触れ合いながら、エレベーターに乗り込んでいく。いったん見送りたいところだったが、いっしょに乗らない理由を探すことができず、僕はしぶしぶあとにつづいた。

最後に乗った僕は、『4』、『▶◀』の順でボタンを押すと、彼らに背を向けた。閉まったばかりのドアとは、ほとんど鼻が触れるほどの距離だ。

「コンニチハ」
片言の日本語が、僕の背中に投げつけられた。女の声だった。

不愉快に感じた。彼女の言葉が、こちらを小馬鹿にするような響きを持っていたからだ。

僕は無理矢理に頬を持ち上げ、顔だけを少し後ろに向けた。

「こんにちはー」

なぜか笑いが起きた。

「オハヨウゴザイマス」
こんどは男の声だ。こちらを小馬鹿にするような口調である点は、女と同じだった。

僕は露骨に面倒臭さを押し出した声で応えた。

「はい、おはようございます」

また笑いが起きた。手を叩く音まで聞こえた。

完全になめてやがる……!

僕は猛烈な怒りをおぼえた。そして、決意した。

つぎに同じことをしてきたら、ブチギレてやろうと

集団心理やアルコールの影響があるのだとしても、それらが人を不快にしていい理由には断じてならない。そもそも、ここは日本だ。日本人や日本語に敬意を払えない者が、我が物顔でのさばっていい場所ではない。こちらが反撃に出ることはないであろうという打算と、自分たちが優位に立っているという思い違いを粉砕してやる。調子に乗ったことを後悔し、気まずい夜を過ごすがいい。

光っていた『4』のボタンが消灯し、ドアがひらく。僕は歩き出したが、腹の中では、怒りが消化不良を起こしていた。

「Hey!」
女に呼び止められた。

僕はエレベーターを降りたところで足を止め、肩越しに振り返った。女の青い目が、こちらを見つめている。

さあ来い。この国にはまだ、侍がいるということを教えてやる……!

彼女は笑顔でこう言った。

「merry christmas!」

本場の発音で放たれたその言葉は、僕の胸の中心に響いてしまった。怒りはたちまち霧散していき、抱えていた虚無感を埋めるように、温かな何かが胸に広がっていくのがわかった。

「メリー……クリスマス……」

僕が言うと、ドアが閉まりはじめた。4人とも笑顔で、僕に手を振っていた。

彼らに対する敵意はもう、一滴も残っていなかった。

これが、聖なる夜ってやつか……。

吹き抜けから見下ろすと、エントランスに飾られたクリスマスツリーが見えた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「スキ」ありがとうございます!
228
インパルスの板倉俊之です。 執筆もやっております。 『トリガー』 『蟻地獄』 『機動戦士ガンダム ブレイジング・シャドウ』 『月の炎』など。

コメント6件

久々の回顧録更新、通知が来た瞬間隣にいた友達をぐーで軽く殴るほど喜びました。

私もクラスメイトのうるさい人たちの発言にいちいちイラついたり次何か騒いだらぶちのめしてやろうなんて考えてしまいますが、いきなり優しくしてくれたり予想外の事をされると「あ、なんだ意外にいいやつじゃん」と拍子抜けしてしまう事が良くあります。

今回も共感できたり微笑ましかったり、素敵なお話でした。また楽しみにしています。
これほどまでに「メリークリスマス!ミスターローレンス」の真似をするシチュエーションはあるだろうか?(笑)
「HAHAHA・・・え?何??ウィィィン(ドアの閉まる音)」

「奴は何を言ったんだ?」「なんか聞いたことあるかもしれないけど思い出せないわ」
「検索してみよ!検索!」「出たこれや!!あれ?これタケシキタノやんけ(笑)」

軽く小馬鹿返ししつつちょっとしたサプライズ。
太字のところで笑ってしまいました、電車内で!

胸に蝋燭の火が灯るような温かいエピソードありがとうございます。

今年のクリスマスも板倉さんにとって素敵なことが起こりますように♡(人ᵕᴗᵕ )*・。・゚*
意外と普通の文章でびつくりしました。
常識と良識のある立派な人なのだと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。