見出し画像

栗は果物 メロンは野菜

知識量は賢さに直結しない。

それに気づいたのは、中学二年生のときだった。

授業の冒頭、先生の提案でレクリエーションが行われることとなった。六人ひと組の班に分かれて、順に果物の名前を挙げていき、思いつかなくなった班は脱落となり、最後まで残った班の優勝というルールだった。当時は知らなかったが、いわゆる「古今東西」だ。果物の生産量や生産地を学ぶ授業の前置きだったのだと思う。

一週目は、各班それぞれが時間内に答え、脱落チームは出なかった。

二週目が回ってきた。急かされると思考が働かなくなる僕は、ほとんど役立たずだった。リンゴやブドウ、桃といった、すでに挙げられた果物のイメージに囚われてしまい、別のものを発想することができずにいた。

こんな序盤で負けてしまうのか。それも、一番早く。己の不甲斐なさを痛感し、諦めかけたそのとき――。

「栗!」

同じ班の女子が言った。成績もトップクラスの優等生だ。

教室は静まり返った。何を突然。追いつめられて、やけになったのか? ――そんな空気だった。

「オッケー! 栗は果物です」

男の先生は、両手を頭上で重ねて大きな輪っかをつくった。

「木になる実は果物だからね」

どよめきが起きた。「すげえ」「さすが」「そうだったんだ~」「マジかよ、栗は果物だったのかよ」――その中には驚きや、優等生への称賛の声が交じっていた。

僕もみんなと同じように、優れた知識を持っていた彼女に関心していた。しかしそれと同時に、正体不明の違和感をおぼえてもいた。

ゲームは続行となり、柿やザクロなどが挙げられていった。栗ほど意外ではない一般的な果物は、まだたくさん残っていたのだ。

僕のいる班は、四週目で脱落した。優勝にはほど遠い、中途半端な順位だった。優勝した班は、というようりもすべての班が、聞けば誰もがわかる果物を出していた。

通常の授業に戻ってからも、違和感は消えなかった。僕はその正体について考えていた。なぜ自分は、優れた知識を持っていた彼女を、両手放しで尊敬できないのだろう。そして授業の終わり間際、謎は解けた。

彼女は「栗」という、おそらくほかの誰も知らなかったであろうウエポンを、あの早い段階で使うべきではなかったのだ。もっと温存しておき、一般的な果物が尽きるのを待ち、ここぞというタイミングで投下すべきだったのだ。そういった駆け引きができる頭脳こそが、賢さなのではないか。

この世界では、いくら優れた知識を持っていようとも、その使いどきを誤れば、賢さを疑われてしまうのだ。

その後僕は、メロンやスイカが野菜なのだという知識を得た。たぶん兄からだったと思う。

僕はそれを隠し持ったまま、機を待った。またあのレクリエーションが、野菜をテーマに行われる可能性は充分にある。野菜の生産地の回も、きっと予定されているはずだ。自分は彼女と同じヘマはしない。このウエポンを使いこなしてみせる。クラス中が喝采するようなタイミングで、鮮やかに決めてやるのだ。しかも彼女とは違い、自分にはウエポンが二つもある。一般的な野菜が尽きてきたころにメロンで大ダメージを与え、スイカでとどめを刺す――完璧だ。

しかし、そんな機会は訪れなかった。その知識を使うことがないまま、僕は大人になってしまった。

仕事上の飲みの席で、フルーツの盛り合わせが運ばれてきたとき、僕はメロンを指さして言ってみた。もちろん、あのときの野心などなくなっていたわけだが。

「メロンは野菜なのに、これ『フルーツの盛り合わせ』でいいんですかね?」

「まあそうだけど、そういうこと言い出すと面倒になるだけじゃん」

そう。大人になると、僕がウエポンだなどと思っていたあの知識も、「当然」の中に含まれてしまうのだ。事実、メロンは野菜だ。だがそれを知った上で、みなフルーツとして扱う。そのほうが、スムーズに事が運ぶからだ。僕が手にしたウエポンは、いつのまにかガラクタになっていた。

彼女は、正しかったのだ。賢かったのだ。中学二年生というあのタイミングで、栗が果物であるという知識を披露し、クラス中からの称賛を得られたのだから。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光栄です!
392
インパルスの板倉俊之です。 執筆もやっております。 『トリガー』 『蟻地獄』 『機動戦士ガンダム ブレイジング・シャドウ』 『月の炎』など。

こちらでもピックアップされています

板倉微風雲録
板倉微風雲録
  • 19本

実体験を元に書いた回顧録集。

コメント (11)
栗ってフルーツだったんだ。なんてことだ。知らなかった。まだまだ、たくさんあるんだろうな、こんなこと。
知識のウエポン、出し惜しみしてたら気付くと周知の事実になってるという事あります。
だから人は己のリーサルウエポンを探す旅を続けるんでしょうね…
この繰り返される輪廻のなかで…
知らないけど…
栗は私の母方の実家もある茨城県が生産量国内一位です。木の実は果物、草の実は野菜の「果菜」とは、私も本でも読んだことがあります。
私は小学生の頃に、近隣のドラッグユタカで果物の家族のキャラクターの絵がついた風船ガムかチューインガムのようなお菓子を買いました。
メロンの父さんが45歳、オレンジの母さんが40歳、桃の姉さんが17歳、パイナップルの兄さんが11歳、妹の苺ちゃんが3歳という家族でした。
私はこのキャラクターから、桃の姉さんが葡萄のイケメン兄さんとカップルになる、パイナップルの兄さんが怪我をして彼女の林檎ちゃんに看病される(パインアップルとアップルで似ているので相性が良いと思いました)、苺ちゃんが他の果物の皆と仲良くなる等とお話を想像して作っていました。
長くなりましたが、今後ともよろしくお願いします。
「メロンは野菜だと知りつつ果物として扱われている」
そうか、
その方がスムーズなのか・・・。

枠組みは不要ですね。
垣根を取っ払う時が来たようです。
制限を外す事で停滞は動き出します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。