見出し画像

子どものバスト採寸デビューにワコールに行ってみたら最高だったよって話をするね

タイトル通りの話です。

子どもの身体の発育も著しくなってきたので、なんとなく量販店でこんなもんかなー…?というノリで先日ジュニアブラを買ってみました

…が、正直よくわからない!サイズも形も豊富だし、これでいいんかな…?まあいいか…?という微妙な感覚。そのまま様子を見ていたんですが、「いや、これは放置しててはだめだ…採寸にいこう!」と思い直し、慌てて近隣のワコールショップに行きました

最近の子はやっぱり成長が早いらしい

これ、店頭でもらってきたパンフレットです。

10歳になったら採寸デビュー!マジか…!!

なんでも、バストの成長って昔に比べて早くなってるんですって。「最近の子は発育が良いから~」なんてよく聞くセリフは、実際本当のことだったのですね…!

また、身長が140cmを過ぎたら…という目安もわかりやすい。確かに我が家でも気になり始めたのはその頃でした。うちはもう、その時期はとっくに過ぎてしまったけど…。

母親だってわからない

私は母親で、娘にとっては女性の体で生きてきた先輩ですが、正直、子どものブラ事情がさっぱりわからない。なんせ現代と二昔前の自分たちの時代とは環境がぜんぜん違うんです。

私の思春期は性教育もそれほど丁寧ではなかったし、ブラも生理も同級生になにか言われるのが怖くて、みんな隠していた時代です。変化していく自分の体に戸惑いながら、大したサポートもなく、とりあえずスポーツブラでも被っとけみたいな時代です。

でもいまの小学生は、ぜんぜん違うんですって。同級生同士で生理の話をし、ブラデビューを女子同士で羨ましがったりする。今はそんな時代です。

感覚が違いすぎる。製品も違いすぎる。ぶっちゃけわからん…!自分の経験が全く参考にならん…!Google先生に聞いてもいまいちよくわからん…!助けて!誰か!!

ワコールの店舗サービスがめちゃくちゃ良かった

どこかでとりあえず採寸してもらおう。ジュニアブラがある店で採寸してくれそうなところ…。調べたら近隣のデパートの子供服売り場にワコールの店舗があったので、ここならきっとサイズぐらいは測ってくれるだろうと思い、子供本人を連れて行ってみました。そしたらね、想像以上によかったの。超良かったの。

専門知識のあるフィッターさんがちゃんといて、今の状態を口頭で確認してくれたあと、サイズ計測。更衣室に入るのは子どもとスタッフさんだけで、母親の私は外で待ちます。

私もかつてそうだったんですが、思春期の女子って同性親にすら肌を見られることに抵抗があることも珍しくないんですよね。そのへんもきっちり気遣いされていて、キャミソールの上から測ってくれます。恥ずかしくないぞ。

うちの子は発達障害で感覚過敏があるので、他人からの身体接触に警戒心が高いのですが、そのへんもさすがプロでした。上手な誘導(声が聞こえた)であっさりクリア。ここが一番不安だったのです。よかったー!!

大人の試着とは全然違うね…

もちろん、試着もできます。というか、せっかく行ったのだから、試着して購入したほうがいいと思います。

大人もブラを買うとき、採寸して試着して購入するのがベストだと言われていますよね。で、実際店舗で採寸してもらうと「しつれいしま~す」って手袋をしたスタッフさんにブラカップ内に手を突っ込まれて、乳をガッと寄せたり上げたりして整えられたりするんですよ。あの瞬間、ベテラン女子の私ですら虚無です。いや、あのガッの大切さもよく分かるし、ちゃんとフィット感を確認してくださってありがたいんですが。

でも、ティーンズの試着はそういうことはなく、付け方も教えてくれて、でも肌には極力触れないように。優しいなーって印象でした。だから、子ども本人の心理的な抵抗も少なそうだなぁ、いいなぁと。

何度も採寸にいこう

スタッフさんに教えていただいたんですが、成長期のバストの採寸はできれば4ヶ月に一度、長くても半年に一度は来てほしいそうです。とくに、初潮の前後1年はバストも大きく変化することが多いので、注意したほうがいいそうで。な、なるほど~。

店舗では、採寸だけの来店もOKなんですって。なので、まだ早くない?どうなの?ってタイミングから、練習をかねていってみるのは全然ありじゃないかな~!って思いました。特に、今ははっきり膨らんで来るのが分かる前からケアができる時代なので思い切って行ってみても、損はないかと。

ネットでもたくさんの情報を得られますけど、やっぱり本人を直接見て、アドバイスをいただけたり、わからないことを質問できるのは全然違います。今がどのあたりで、次のステップに上がる目安(ティーンズブラは成長に合わせて3段階に分かれています)だったりを聞けるのすごい。プロの知識すごい。もうね、めっちゃ参考になる。

しかも「メーカーに寄ってサイズ表記も若干ちがうので…」と言いながら、サイズの確認の仕方も教えてくれるんですよ。自社商品ゴリ押ししてこない。ふえぇ…いいんですか…ワコールさん!

サイズカードの工夫すごくない?

計測のあとは、こんなかわいい名刺サイズのサイズカードを作ってもらえます。これは大人でもよくありますよね。で、すごいのはここから。

採寸のたびに可愛いシールがもらえて、それを5つ集めるとノベルティがもらえるというシステム。ちょっとうれしい、採寸にご褒美システム搭載。まずこれが素敵。

そして、先程のサイズカードにこのシールを貼れるようになってるんですがデザインがすごいの。

おわかりいただけるでしょうか。右側のエリアが絵本みたいになっていて、好きな場所に自分の選んだシールを貼れるようになってるんですよ。かわいい~!

普通、こういう「X回達成で特典ゲット!」的なキャンペーンのカードって、枠がその数だけ用意されていて、最後に「GOAL」とか書いてあるのが定番なんですけど、このワコールのカードにはそういう要素が全然ないの。これが凄いぞ…ってめちゃくちゃ感動したんです。

採寸ってその時ごとに毎回意味のある大切なことだと思うのですが、ゴール地点を決めてしまうと、達成するまでが「過程」になってしまうので、一回ごとの大切さがちょっと薄れてしまいます。バストサイズの成長って思春期の女の子の大きな悩みのひとつなので、途中を「成長過程」として可視化されてしまうのって、とってもデリケートなことだと思うんですよね。

それに、女性の体の変化は思春期だけではなく、おとなになっても続きます。30代でも40代でも70代でも…常に変化を続け、女性はそんな自分の体と向き合って生きていかなくてはいけない。それを思春期の5回でゴール地点のようにするのは、ちょっと違和感があるかも。

でも、このデザインなら、そういう「過程」や「ゴール」のニュアンスを排除して、なおかつ本人がちょっと楽しみにしながらシールを貼れるし、繰り返し採寸にくる楽しみになるんですよ。

コレ、めちゃめちゃ考えられたデザインじゃないですか…すっごい…感動のため息止まらない…。

しかも、フリフリ過ぎずあっさりしすぎてもいないブルーカラーがベースのイラストも素敵。思春期の女の子のには、女性になっていく自分の体に戸惑いを感じ、女性的なものに嫌悪感を感じることもよくあるんですよね…。でも、このかわいいけどさっぱりしたデザインなら、受け入れやすいんじゃないかしらどうかしら。

店舗は「フェアリーティアラ」

今回、我が家がお世話になったのは、フェアリーティアラという店舗です。全国のデパートを中心に展開しているようです。

4ヶ月から半年に一度、母娘デートをかねて、採寸に行ってみるといいんじゃないかな?と。思春期の娘と、ちょっと美味しいカフェでも行って、下着もみて、買い物して帰ってくる。まさに我が家は今回そんなルートを辿ってきたのですが、思春期女子にとってはちょっと緊張もするはじめての採寸も、話しにくい体の変化も、自然な流れとして受け止められるんじゃないかなって感じました。

母娘だけではなく、父娘でもいけるかも

また、あくまでこれは私が感じた事でしかないのですが、例えば父娘のひとり親家庭の場合も、行ってみるといいのではないかなぁ、と思いました。

ワコールのスタッフさんの説明や店頭パンフレットは、子どもに向けての案内も充実していてわかりやすく、子ども本人にとっても大切なサポートになると感じましたし、父親では話せないことも、本人に丁寧に説明してくださるだろうな、と思いました。また、ブラだけではなく生理に関するサポート用品も店頭にはありましたので、そのことについても、アドバイスを頂けると思います。

父親が娘を育てる場合、二次性徴のケアについて父からのサポートはとても難しいものだと思います。私の知人にも、介護のために家族である女性の下着を買いに行く男性がいますが、生活に必要なものとはいえ心理的なハードルは高いと言います。ましてや、思春期の女の子では、親子ともにその比ではないでしょう。

私が行った店舗はデパートの子供服売り場の一角にあったので、男性も娘を連れて行きやすそうでした。買い物の間は店員さんにお願いをし、支払いのときにだけ親が対応をするということも、店頭でのうちの娘とスタッフさんのやりとりをみながら十分可能かと思いました。

だってほら、先程のサイズカードに書かれたメッセージも、子どもの気持ちに寄り添う姿勢があふれてるんですよ。こういう小さな言葉も、心のハードルを下げてくれると思うんですよね。1人の女性として少しずつ独り立ちしていく娘の背中を、そっと押すいい機会になるのではないでしょうか。

ワコールさんの情報量すごい

思春期の女の子の心と身体の成長はとてもデリケートで不安定なもので、同じ道を通ったはずの女親ですら不安に感じてしまうものですが、今回店頭でしっかり話を聞くことができたおかげで、その不安も随分と軽くなりました。ワコールさんありがとう…!

それと同時に「私の時代にもこんなサポートがあったらなぁああ!」と羨ましくもなりました。女性の体は生涯を通じて変化していきますが、大人の私も上手な付き合い方を知るにはとても苦労をしています(進行形です)。そんな一生の入り口として、特に変化が大きく心の葛藤も多い思春期に専門知識で寄り添ってもらえる丁寧なサポートが受けられたら、きっと自分の体と向き合う事自体への抵抗も少しは軽くなっていたんじゃないかな…。

ワコールさんは、自社で女性の体についての研究を長年されているという話も聞いたことがあるので、きっとそうやって積み上げてきた成果の恩恵を私達女性は受けているのでしょうね。だってスタッフさんの、打てば響き、山の頂きから流れ出る滝のような知識、すんごかったよ!?想像だけど、社内研修とか超すごそう…。

あと、サイトの情報もとっても充実しているので、私のように「思春期女子どうしよ…」ってなっている親御さんは、チェックしてみるのもおすすめします。へぇ~!って話がいっぱいです。

さてさて、我が家もアドバイスを頂いたとおり、また4ヶ月後頃に採寸に行ってみようと思います。今度の母娘デートも楽しみだな~。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援は育児マストドンBabuu(https://babuu.club/ 気軽に遊びに来てね!)の維持費になったり私の維持費になったりしてます。ありがとうございます🙏✨

ありがとうございます!バンバン (ノシ`ω´)ノシ ❤
279
ASDやADHDを持つ2児の母。自身も発達特性バリバリなファミリーで育ったADHD当事者。好きなものは海外ドラマとゲーム。Twitter:@itacchiku

コメント1件

ちょうど娘の事で悩んでいたので読めて良かったです!!ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。