イッセイの猫の撮り方

4
ノート

猫を撮るカメラは何が良いのか?

猫を撮りたいと思ったとき、まずどんなカメラを使えば良いのか?と言うのは誰しもが考える事、一眼レフかミラーレスかはたまたコンデジか、それ以外にもセンサーサイズやレンズの種類、いったい何を使えば良いのかわからないと言う方は多いと思うので個人的に猫を撮るうえでのカメラ選びについて書いてみる事にします。

さっそく結論ですが...自分の使いたい物を使えば良いのです。

身もふたもないです、自慢じゃないので

もっとみる
スキありがとうございます、励みになります。
7

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第3回「輝きの中」

使用機材:LeicaM9+Nikkor P10.5cmF2.5

横浜赤レンガ創庫ねこ写真展2018作品紹介3回目、「輝きの中」です。撮ったカメラはライカM9とNikonのSマウントの中望遠レンズの組み合わせ、自分でも少々マニアックな組み合わせだなと思いつつ結構特徴的な良い写真が撮れたと思っています。

状況はやや逆光気味、場所はいつもおなじみの近所の遊歩道、モデルの猫もいつも撮らせてもらっている

もっとみる
スキありがとうございます、励みになります。
5

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第2回「まなざし」

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018の作品紹介第2回目、葉っぱで隠れた片目とこちらを見つめるもう片方の目が印象的な一枚「まなざし」です。

個人的にお気に入りの一枚で自分が前ボケ写真に傾倒する切っ掛けを作った写真でもあります。使用機材はD4s+ai af 80-200 f2.8 EDでこの特徴的なオレンジ色のボケは枯れた植え込みなんです、猫が枯れた植え込み隙間からこちらを伺っているという構図なんです

もっとみる
スキありがとうございます、励みになります。
2

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018作品紹介第2回「我が道を行く」

今年の夏に参加させて頂いた横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018、約一年間ほぼ毎日ねこ写真をアップして選ばれた栄光だったわけですが私にとっては今まで撮りためてきた猫写真の現時点での集大成と言う位置づけで臨みました。

noteではまず横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展で展示した作品の紹介をして行こうと思っています、これまで阪井壱成の猫写真を見てくださっていた方にも初めて見てくださる方にも私がどんな写真を撮るの

もっとみる
スキありがとうございます、励みになります。
6