見出し画像

UXの絵本:その1【UXの教科書をグラフィックノーティング】

『UXの教科書』著:安藤昌也
↓リンク
https://www.amazon.co.jp/UXデザインの教科書-安藤-昌也/dp/4621300377

こちらの本の内容を私自身の中で整理するためにグラフィックノーティング(イラストなどを用いてグラフィックに本の内容を描く)を用いて書き出しています。

内容については私が個人的に抜粋すべきというところが抜き出されグラフィックにされています。

それでも良ければ「UXデザインの教科書読みたいけど、デザイナーではないから軽く眺めるくらいに見てみたい」「UXデザインの教科書書いたいけどどんな内容なんだろう?」という人が見ていければと思います。

1.1 UXデザインが求められる背景

画像1

1.2 ユーザーを重視したデザインの歴史
1.3 UXデザインが目指すもの

画像2

2.1 UXデザインの要素と関係性
2.2.1 ユーザーとは

名称未設定のアートワーク 4

UXの専門用語などをグラフィックで表現するには?も考えられるので、業務の会議でグラレコをする際のストックも作れてグラレコの勉強にもなりました。

これからも、小出しに連載していきますので、お目にかかったら是非ご覧ください👀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
株式会社ゆめみ。 2019年度新卒入社。UX/UIデザイナー。

こちらでもピックアップされています

アウトプット
アウトプット
  • 410本

ゆめみの【勉強し放題制度】を活用したアウトプット、その他に、メンバーが自分自身で学んだことをまとめています。 ゆめみの独自制度である「勉強し放題制度」は、あらゆる学習費用を100%会社が負担します。書籍、社外セミナー、実験機材、認定資格の受験など、成長のためのコストは会社が全て負担。また、業務時間の10%は自由な活動に使うことができます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。