見出し画像

背後を突いて、出鼻をくじく。そして左サイドで起点を作り、空いた右サイドから仕留める。豪雨の大勝劇で4回戦進出。(天皇杯3回戦・ザスパクサツ群馬戦:4-0)

 正田醤油スタジアムでの天皇杯3回戦:ザスパクサツ群馬戦は4-0で勝利。

早速ですが、今回のラインナップです。

1.「ケンタロウ(森谷賢太郎)とは、練習からああいうプレーをずっとやっていました」(森本貴幸)。背後を突いて、出鼻をくじく。まさに練習通り。裏で勝負するモリモトの一撃。

2.「ボールが後ろで回る分、ちょっと足が止まったかな。無駄走りが少なかったかもしれない」(中村憲剛)、「中を崩していくだけの力はあるので、サイドに入ったときに、もう一回、中を見る。そういう揺さぶりがなかったかもしれないですね」(森谷賢太郎)。思うように追加点が取れなかった原因は?

3.攻められてもゴールは割らせない。そして左サイドで起点を作り、空いた右サイドから仕留める。スカウティング通りだった追加点。

4.「雨、降りすぎでしょ(笑)」(新井章太)、「恵みの雨でした」(森谷賢太郎)。後半から降り注いだ豪雨に悩まされた人と喜んだ人の話。

5.「ホッとはしてないです」(家長昭博)。待望の移籍後初ゴール。クールな男が、見せた得点後の咆哮。

 以上5つのポイントで約6000文字です。

なおプレビューはこちらです。→試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(天皇杯3回戦・ザスパクサツ群馬戦)

では、スタート!

この続きをみるには

この続き: 6,770文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

ルヴァンカップ、天皇杯、ACLの総集編です(ACLの国外アウェイゲームは収録していません)。

または、記事単体で購入する

背後を突いて、出鼻をくじく。そして左サイドで起点を作り、空いた右サイドから仕留める。豪雨の大勝劇で4回戦進出。(天皇杯3回戦・ザスパクサツ群馬戦:4-0)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

ありがとうございまっす!
1
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。