#SNS医療のカタチ

SNS医療のカタチは、一般の方たちに医療情報をやさしく(優しく、易しく)伝えたい有志の医師の集まりです。2018年12月に活動を開始し、これまで一般公開講座、Twitter、ブログ、Youtubeなどで医療情報を楽しくわかりやすく発信しています。

感情がみえたとき、好きになる

あまりやらないFacebookをひらくと『友達かも』にけいゆう先生がでてくる。けいゆう先生は外科医だ、細身のスーツが似合うイケメンだ。おまけにTwitterではクレバーなツ…

がん保険を売る人

がん保険が必要か不要という永遠に終わらないテーマがある。 がん保険に加入をしていて、がんになった人はよかったとおもうけど、加入せずにがんになった人は後悔をする…

みんな名医を探している。

「幡野さんってどこの病院に通ってるの?」 『○○大学附属病院です。』 「なんでそんなところに通ってるの?そんなところじゃなくて、わたしがもっといい病院を紹介し…

安楽死についてちょっとだけ

ALS患者さんの嘱託殺人で逮捕された医師にはビビった。 『あぁ、やっぱり日本でも水面下で違法に安楽死を施す医師がいるんだなぁーー』ビビりながらおもわず一人ごとで…

コスパの悪い病気

大塚先生は京都大学の、きっと偉くて凄い先生だ。 大塚先生のことを知る人から、なんども大塚先生の学術的な凄さを教えられてきたけど、本人がウチすごいどすぇ感をまっ…

and recipe 小池花恵さんの場合

ぼく(大塚)がその人の存在を知ったのは京都高倉六角にあるワインバーのカウンターで写真家の幡野広志さんとイタリア産赤ワインを飲んでいる最中だった。 「最近、ぼくに…