新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

オンラインで出来るサービス

コロナウイルスの影響の中、飲食店経営者として出来ること、料理人として出来ることを模索しています。 

自粛要請以前から外食するお客様が減り飲食業界にとって厳しい時代が続いています。

お客様から励ましのお言葉やテイクアウトのご注文を頂き沢山の方から支えられ、国からの補助など沢山の支援を受けていると感じます。

コロナウイルスの影響は飲食業界だけではなく様々なところで出ていると思います。

医療関係者やスーパー、薬局で働く人は危険に晒されながも働き。子供達は長期休校によって学校に行けず勉強もできず一生に一度しかない大切な学校生活が失われています。

飲食店経営者、料理人として、皆様から受けた恩はどこかで返したい。そう思っています。

では実際なにが出来るのでしょうか。

外出自粛中の中で出来ること、料理人として。

考えた結果やはりオンラインを使ったサービスではないかと思います。

まず一つはオンラインでの無料の親子料理教室。

休校中の子供達の為にオンラインで料理教室を開き、プロの料理人による家庭科の授業と、親子教室という行事をオンラインで行います。

ZOOMを使い、オンラインで複数の親子を相手に料理教室をする、これは今の時代だからこそ出来ることです。

SNSで募集をし開催したオンライン料理教室、第一回目はお父さんに活躍してもらう父子料理教室を開きました。

その様子をYouTubeで公開しています。

https://www.youtube.com/watch?v=kKs-QKkE7hk&list=PLAjjBbw6WfGZnyn2VMnowOx0qE_VSvaMc


画像1

小学1年生以上を対象に画面越しに指示を出しながら料理教室を行っています。

自粛中の子供達に楽しく学んでもらい、夕飯を作ることでお母さまからも喜んで頂けたようです。

YouTubeを使った『宅飲みいろは』

もう一つもオンラインでの試みです。YouTubeのLIVE配信。

飲食店のサービスはお食事だけではありません。お店の雰囲気、お皿、料理に合うお酒、そして接客サービスです。

この全てを含めて飲食店のサービスだと思います。

テイクアウトでお店の味をご家庭にお届けできてもお店の雰囲気をご家庭で楽しんでもらうことは出来ません。

ただ接客だけはオンラインでお届け出来るかもしれない。そう思いました。

カウンター越しに大将と話しながら一杯やる。この飲食店のサービスをオンラインでお届けしてます。

中にはYouTube【いろは大将】の料理動画を見て、つまみを作りLIVE配信に参加して頂く方もいるほどです。

人見知りな大将がトーク力を磨く為にLIVEでお客様や視聴者とコミュニケーションを取りながら成長していくというコンセプトで二日に一回のペースでLIVE配信を行っています。配信中に簡単な料理を披露し、おつまみも作って視聴者の方とコミュニケーションを取っています。

外食を自粛している方達に少しでも楽しんでもらえるように続けていきます。


飲食店オーナー、料理人としてのできること

美味しい料理を作る事だけではなくオンラインで人を楽しませる事。それも今の時代だからこそできる支援の形ではないかと思います。

コロナウイルスの中、沢山の方が苦しい状況で支えあい助け合っているので僕も何か人の為に出来ることはないか。そう思ってオンラインでの活動をしています。

無事コロナが収束したらお店に沢山のお客様に来てもらい美味しい料理を作り楽しい空間を作り、皆さんを笑顔にしたいと思います。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
飲食店の大将(和食、魚介料理、創作料理、すっぽん料理などを扱う)がYouTube【いろは大将】としてオススメの料理や作り方解説、地域活動などを発信しています。https://www.youtube.com/channel/UCywPZ37vMwxEUBjQWgSN2uA
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。