見出し画像

2020.2.26 SOCIAL INNOVATION SUMMIT2020

2017年度から始まったSOCIAL INNOVATION SUMMIT第3回目が無事終了。

2019年10月からの半年間、12名の"ココロイキルヒト"が、
心に秘めた小さな違和感を言葉にし、熱を持って解き放った時間。

事務局としてサポートさせてもらい2年目。2回目に見たプレゼンテーションは、
やはり脳みそを飛び越えて心に突き刺さりました。
社会起業家などと、大それた人たちではないのです。ただ、心から純粋に、直面した課題や困りごとをなんとかしたい、そう真っ直ぐに強く思うひとりのひとなのです。

そんな皆さんが人前に立つ怖さやプレッシャーを乗り越え、心の奥底から声を震わせながら発する言葉たちは、実はとてもシンプルな言葉たちなのです。

それでも、そこに「覚悟と責任」を伴った瞬間に、その言葉たちは強く人々の心に突き刺さりました。

ビジネスとして成立するのか?

確かにまだ形になっていないことがたくさんあります。
どうやってビジネスとして継続していくのか?それは皆で知恵を絞ればいい。
でも、彼らにしかできないことは
「真っ直ぐで純粋な想い」で人々を動かすことなんだと思います。

SOCIAL INNOVATIONの第一歩

画像1

ソーシャルイノベーションとは
社会問題に対する革新的な解決法。 既存の解決法より効果的・効率的かつ持続可能であり、創出される価値が社会全体にもたらされるもののことである。
By Wikipedia

ソーシャルイノベーションを生むのは人であり、きっとこの場というのは、
「私も共に考えたい」
そう思える人、ソーシャルイノベーションを生む人を生む場なのだと思う。

2017年度から3回目、総勢36名の"ココロイキルヒト"が発してきた声。

その声を伝え続け、東北で生きるひとりでも多くの人が
主体者となり共に社会変革を起こしていく。
誰のものでもない、私たちの人生、私たちの地域、私たちの世界を創る人が
もっともっと生まれるために
ひたすらにこの場を作り続けることが必要だ。

3
INTILAQ(インティラック)東北イノベーションセン ターの公式アカウントです。わたしたちは、東北をきっかけとした ココロイキルヒト の「姿」を配信していきます。 公式HP:http://intilaq.jp/

こちらでもピックアップされています

SIAプログラム2019
SIAプログラム2019
  • 7本

3回目となったSOCIALINNOVATIONAccerelatorプログラムについて綴ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。