【vol1】第1回武将プロジェクト「BLAST武将アワード」受賞者インタビュー
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【vol1】第1回武将プロジェクト「BLAST武将アワード」受賞者インタビュー

こんにちは!リードイノベーションの藤井啓文です。

私が、株式会社リードイノベーションに入社し、早5ヶ月。あっという間でした。4ヶ月時点のタイミングでnoteを書いた日からまたあっという間に1ヶ月夏が過ぎました。何をしていたかというと、このnoteアカウントで活動報告をしてくれていた #武将インターン  に夢中でした。

改めて、そもそもこの武将インターンとは?
これは私が就職し、セミナーなどで多くの学生さんと関わる中で、感じた就活生の現状が、、、

コロナ禍で横の繋がりを持てず、相談相手も作りづらい。
情報が少なく先が見えない中、もがいている。
何をしたらいいのかすらわからず、行動できない。

そこで、もやもやしている学生さんたちへ
弊社では全国の仲間と繋がれる最高の成長機会を用意しようと、その名も「武将プロジェクト」という名前で、

圧倒的に成長し、成果を出したい。
志高い全国各地の学生たちとの繋がりをつくりたい。
何か、打ち込めるものを見つけたい。
就活でも語れる武功を挙げたい。

という思いの子たちと切磋琢磨していました。

<8/1〜8/31:「武将プロジェクト」を開催>

我々は、「日本一学生が育つインターン」を掲げ、我々が持つコーチングのノウハウを活かし、「問題を自分ごとと捉え、自ら動き出す」BLAST人材の輩出に挑戦しています。

今回は、記念すべき第1回武将プロジェクトにおいて、成果・プロセスにおいて優秀だった学生に贈られる「BLAST武将アワード」受賞者へのインタービューvol.1をお送りします!

▼弊社代表礒谷の学生への想いを綴ったnoteはこちら
令和時代のインターンってどうなの?

では、宮谷くんにインタビューした様子をどうぞ!

藤井(藤)>>⓪自己紹介をお願いします!

宮谷(宮)>>京都産業大学 23卒 宮谷律輝(ミヤタニリツキ)です。趣味は筋トレです! 狂熱の大学生と称しているくらい熱い大学生です!笑

画像2

藤>>①武将インターンに参加したきっかけを教えてください。

宮>>リードイノベーション代表礒谷さんのツイートがきっかけです。
僕は、#いそやセミナーという礒谷さんのセミナーに2度参加していました。そこで「礒谷さんって本当にすごいな」と思っていた矢先、礒谷さんがTwitterで「宮谷あたりが絶対好きそうなインターン笑」というコメントと共に武将インターンについてのツイートをしてくださり、「これはやるしかないやろ」と強く思い参加致しました。

画像1

藤>>②Kick offミーティングに参加してみての想いを聞かせてください。

宮>>『絶対に負けへん。』と思いました。負けたくない相手とは、武将インターンの参加者はもちろんですが、何より負けたくなかったのは『自分自身』でした。このインターンは、手を抜けばそれ相応のインターンになり、本気でやればその分成長できるインターンである。そして『自分達で創っていく』インターンであると感じていました。なので、自分自身に負けずに絶対にこの1ヶ月充実させたものにしようと思いました。

藤>>③武将インターンで感じた自分の壁を教えて下さい。

宮>>チーム・ビルディングです。僕はチームのリーダーを務めさせていただいたのですが、チーム内での熱量の差というところに、僕は壁を感じていました。
実際にあった内容では、メンバーが中々アクションも伸びず、結果も出てきない時に僕はリーダーの役割の難しさを感じていました。本人に電話で聞いても「すみません、次やります」と言いながらも思ったりよりもアクション・結果も伸びず「本当に本音で話してくれているのかな?どんな声かけをしたらやる気になってくれるかな?こんなリーダーでええのかな?」と心配になる時が多々ありました。

藤>>④その壁をどう乗り越えましたか?

宮>>リードイノベーションの社員である藤井さんに相談したり、リーダーズ・ミーティングにて共有して解決していきました。

藤井さんに、メンバーとの関わり方について相談をしたところ、藤井さんからも直接アプローチをとってくださりました。結果、メンバーの発信内容にも変化が起こり、返信も早くなり、アクションも増えていきました。ここで素直に頼ってみる事の重要性を感じました。

リーダーズ・ミーティングでも、メンバー1人1人の熱量の違いについて相談しました。
実際に、各都道府県の武将が集まっているので
生活環境が違います。部活をやっている人も多く、アクション量や発信の数、返信の速さの差から、熱量の差を感じていました。
リーダーズ・ミーティングでは、「どうすればみんな熱量持ってやれるのか?」をリーダー内で考えました。

結論、「リーダーが誰よりも行動して引っ張っていこう!」となり、それ以降僕はアクション量を2倍にしたことで結果も徐々に出てきました。リーダーズ・ミーティングを通して、僕の味方にはリーダーのみんながいると勇気づけられましたし、何より精神的に支えられていたと思います。

藤>>⑤未来の自分に対する宣言をお聞かせください。

宮>>たくさんの経験を積むために大量行動し続け、さらに自分の可能性が広がるように挑戦し続けます!

藤>>⑥最後に、武将インターンに参加を考えている方へのメッセージをお願いします!

宮>>『本気で取り組んだあの時の充実感を感じたい!成長したい!自分に変化を起こしたい!』という方にぜひおすすめしたいです!

僕が本気で取り組んだあの時とは、高校サッカーです。本気で3年間サッカーに注ぎました。

武将インターンを終了した瞬間、高校サッカー引退のような心寂しさと充実感がありました。そのぐらいこのインターンは自分を本気にさせてくれますし『仲間の重要性』を感じれます。

また、他の企業のインターンとの大きな違いは、このインターンは『生きたインターン』であること。超実践型インターンってこの事なんですよね。要は変化が多数あるという事です。企業が用意された事に取り組むのではなく『自分達で行動して答えを創っていく』だから変化が多いんです。『心情の変化』や『結果の変化』や『思考の変化』などなど変化を存分に楽しんでください。

今の時代やはり『行動力』が必要不可欠と言われています。ズバリこのインターン行動力が身につきます。また仲間を増やしていくエンロール力(巻き込んでいく力)身につきます。必ず成長出来ます!

終わりに

宮谷くん、ありがとうございました!
これからも持ち前の「狂熱」を活かして大量行動し、挑戦を続け自らの可能性を広げていってください!

9/13(火)第2回武将プロジェクト説明会について

9/13(火) 19:00〜20:30にて、オンラインで第2回武将プロジェクトの説明会を行います!

ご興味ある方は、藤井もしくは宮谷くんのTwitterまでDMをお願い致します😊


藤井Twitterはこちら
宮谷くんTwitterはこちら

株式会社リードイノベーション代表の礒谷 
→ Twitternote

リードイノベーションHP
ランアップHP

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
リードイノベーションのインターン生より、日々の活動や成長日記をお伝えします。