松渕彩子(interiors)

インテリアに纏わる海外のヴィンテージを扱うオンラインショップ interiors 店主。特に好きなのは陶磁器・テキスタイル・紙製品など、ささやかに生活を彩るものたち。2020年秋よりスペイン・バルセロナに滞在。日々見つけたもの・考えたことを綴ります。
    • インテリアショップノート

      インテリアショップノート

      • 3本

      筆者が現在生活をしているスペイン・バルセロナを中心に、足を運んだインテリアショップで目に留まったものやお店の印象などについて個人的かつ主観的な目線で書き記します。専門的なことやお店の評価には触れていませんのであしからず!

    • 蚤の市便り

      蚤の市便り

      • 11本

      スペイン・バルセロナに生活しながら蚤の市巡りで見つけた素敵でちょっとおかしなものを紹介するとともに、たぐり寄せた記憶やここでの日常を綴るマガジンです。

  • 商品の画像

    フランス アンティーク ミルクピッチャー(GIEN)1871-75年 #J001

    1821年フランス・ロワール地方で創業したファイアンス焼きの老舗、ジアン(GIEN)。元はイタリアで誕生したファイアンス焼きですが、ジアンは優れたデザイン力とそのセンスで長い時を経た今も名窯として世界中で人気を博しています。 この小さなミルクピッチャーは猫脚のデザインが珍しく、この器自体が生きた花のようです。ミルクピッチャーとしてはもちろん、花器としても活躍するでしょう。(薄いピンクのアネモネを一輪、可憐なマーガレットをひと束、などいかがでしょうか?きっと似合いますね) 欠けなどなく、比較的状態も良好な1品です。 ■メーカー名 GIEN(フランス) ■商品名  ジアン ピッチャー J001 ■製造年代 1971-75年 ■サイズ(cm) ※ご注意事項 この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。
    27,500円
    interiors
  • 商品の画像

    イギリス ヴィンテージ サラダサーバー #SV001

    イギリスのヴィンテージ SV サラダサーバー。クラシカルでありながら丸みのある先端部分と細長い持ち手のバランスが素敵です。 ■メーカー名 不明 ■商品名  イギリス サラダサーバー SV001 ■製造年代 不明 ■サイズ(cm) 全長 27.3 ※ご注意事項 この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。
    2,200円
    interiors
  • 商品の画像

    イギリス ヴィンテージ バチュラーポット #TP001

    イギリスのヴィンテージ ティーポット。バチュラー(独身貴族)サイズと言われる紅茶2杯分ほどの小さなサイズ。日本茶を淹れるのにもおすすめです。 6枚目のお写真で確認いただけますが、ハンドルから右側の上部、フチに貫入がございます。使用に問題はありませんが、ご了承ください。 ■メーカー名 不明 ■商品名  イギリス ティーポット TP001 ■製造年代 不明 ■サイズ(cm)φ6(底)φ5.5(口径)W15(注ぎ口からハンドルまで) D6(ポット深さ)H12(蓋の摘みまで) ※ご注意事項 この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。
    5,500円
    interiors
  • もっとみる

インテリアショップノート(Azul Tierra)

筆者が現在生活をしているスペイン・バルセロナを中心に、足を運んだインテリアショップで目に留まったものやお店の印象などについて個人的かつ主観的な目線で書き記します…

インテリアショップノート(Deco Palace)

筆者が現在生活をしているスペイン・バルセロナを中心に、足を運んだインテリアショップで目に留まったものやお店の印象などについて個人的かつ主観的な目線で書き記します…

インテリアショップノート(Natura Casa)

筆者が現在生活をしているスペイン・バルセロナを中心に、足を運んだインテリアショップで目に留まったものやお店の印象などについて個人的かつ主観的な目線で書き記します…

蚤の市便り(DAY11)

このあいだ、リクエストが重なって同年代の友だちをふたり蚤の市にお連れした。バルセロナの街に詳しい人たちもエンカンツの蚤の市は行ったことがない人が結構いるようで、…

縦長の窓辺で考えごとを #1

時々思いもしないタイミングで想像以上に大きなきっかけをもらうことがある。思いもしないことなので心底驚いて身震いしたあと、全身の勇気をかき集めて「やりたいです」と…

蚤の市便り(DAY10)

誰かと一緒に蚤の市に行くことについて今日は書いてみようと思う。 このあいだ、マルタと一緒に蚤の市に行った。マルタの目的は素敵な額縁を安く買うことで、私の目的はい…