お金を出して仕事中のSNSを遮断した
見出し画像

お金を出して仕事中のSNSを遮断した

2021年になって1ヶ月が終わろうというのに、お正月ボケが全然抜けない。ダラダラとTwitterやYouTubeを見ちゃう。在宅仕事だとなおさら。

これはイカン!と思い、勢いでFreedomというWebサービスに課金しました。

設定した時間内でWindows/Mac/スマホから「気が散るサイト」へのアクセスをいっぺんに遮断するという恐ろしいサービスです。

Freedomができること

画像1

ダッシュボードで遮断する時間を設定し、対象のデバイス、遮断したいサイト(後述)にチェックを入れて「START」!

試しにPCでTwitterやFacebook、YouTubeなどを開くとこうなります。

画像2

画面が緑で埋め尽くされます。全く見れません。

iPhoneでTwitterを見ようとしてもツイートが読み込めなくなります。

画像3

「Webを遮断しておいて何がフリーダムやねん」という声が聞こえそうですが、気が散るサイトを見ないことで自由を手に入れよう、的な話なんですね。

どういう仕組みなのか

FreedomではWindows/Mac向けのアプリ、Chromeの拡張機能、iOS/Android向けアプリがそれぞれ提供されていて、これを自分が持っているデバイスにインストールします。

画像4

それぞれのアプリで、freedomのアカウントにログインすれば、遮断タイムが同期される仕組みです。

Windows上で「START」すれば、MacでもiPhoneでも遮断がスタート。終了時刻になれば同時に解除されます(iPhoneは手動でアプリを起動しないと同期されないので注意)

ちなみにiPhoneアプリはVPNもインストールされるので、サイトアクセスそのものが遮断されます。アプリからTwitterが見れないよ~と、SafariでTwitterを開いてもダメです。

どんなサイトがブロックできるのか

デフォルトで提供されている”Distracting Websites(気が散るウェブサイト)”は、SocialやGameといったジャンル指定のほか、AmazonやTiltokなど個別のブロック設定もできます。Gmailも遮断できちゃう。

画像7

自分でブロックするサイトを追加することもできるし、オリジナルのブロックリストを作ることも可能。自分は「はてなブックマーク」と「note」も追加しました。

画像6

がっちり遮断されているのがお分かりでしょうか。

ちなみに、さっきのリストで「facebook.com」を手動で追加しているのは理由があって、デフォルトの「Facebook」をチェックするとmessengerまでブロックされてしまうんですよ。仕事上それは困るので、タイムラインだけ見ないよう手動追加しました(でもこれだとiPhoneのFacebookアプリはブロックできないんですよね……まぁあまり頻繁に見ないからいいけど……)

他にどんなことができるのか

ダッシュボードで「All Websites」にチェックを入れると全てのWebサイトが、「Apps」にチェックすると全てのアプリがブロックされます。

遮断タイムはスケジュール設定も可能。「月曜~金曜までの始業から終業まで」というルーチンも組める。

あと「Focus Sounds」で小鳥のさえずりとか聞けます

ちなみに「やっぱり遮断やめ」とかできる?

ダッシュボードでセッション詳細を確認すると、「End Session」という赤いリンクがあって、これを踏めば止まります。

でもなぜかたまに「End Session」が表示されないときがあって、そうなると座して待つしかないです。

ちなみに「Locked Mode」という、中断すら禁止するハイパーモードもあります。怖くてまだ試してません。

お金がかかるって言ってなかった?

そうなんです。有料のサービスなんです。プランは月額、年額、フォーエバーの3種類。無料トライアルもあって、7セッションだけお試しもできます。

クリップボード一時ファイル01

ちなみにいま30%オフで、年額プランが2000円ぐらいでした。1ヶ月20営業日あるとして、1営業日10円以下で生産性があがるならいいか、という判断で課金。

僕の使い方は、「これから集中するぞー」というときに1時間とか2時間とか設定してスタートする感じです。

今まで「はぁ休憩……」というときにうっかりTwtiterを見ちゃうと30分くらい過ぎちゃったりしてましたが、遮断されていると外を見て目を休めたりとか、水分を補給したり、子どもが帰宅していたら絡んだりとか、なんらか他の手段で休憩できています(※息子とちょっとだけスマブラをやるつもりが30分経っていたこともありますが見逃してください)

これまでもiPhoneのスクリーンタイムを使ってSNSの見過ぎは意識していたんですが、どうもうまくいかない。うまくいかない自分を責めるのではなく環境から変えてしまおう、と、手段を探していて見つけたのがfreedomでした。

ステイホームで自宅で仕事することになった方も多いかと思います。ただでさえ思うように外出できず、ストレスがたまる日々。

自分を機嫌を取るのも大事ですが、自分を律するのも限界があります。必要とあれば、第三者的な存在を利用するのもひとつの手かなと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
井上マサキ

スキを押すと世界の路線図がランダムで表示されます。

平壌(北朝鮮)
フリーランスのライター/共著『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか?』『たのしい路線図』『日本の路線図』/『99人の壁』「路線図」でグランドスラム達成/『着信御礼!ケータイ大喜利』でレジェンド初段(INO)でした/MENSA会員/宮城県出身