最近の記事

深夜、早朝になって

過去に縋りつこうとしたけど どれも脆くて掴めなかった 震える手が私を横目で見てくる 辛いフリをしたいだけだろなんて意地悪を 頭の中でこだまする、 何も聴こえない世界に行きたいとか短冊に書いてみようか でも音がないと生きていけないんだ 何かを必死に取り返そうとしていた気がする なにもみえなくなって、でも突然の暗闇にはちゃんと困惑できた 正体不明の安堵がこのままでいいじゃんって囁いてくる 行かないでって犬が鳴いてるよ ありきたりな文章書いて満足してる? あがろうとする頬を引

    • 夏の夜は暗い

      夏の蒸し暑さに誤魔化されて 戻ってこないでなんて虚しい叫びは夜の公園に吸い込まれた 居場所がわからなくなって 彷徨い歩く夜になんと笑いかけたらいい? おかえりなんて余裕あるね 私を慰めるように火をつけて 馴染みのいい味が広がった 言えないならば仕方ない ただいま、出迎えてくれたのは暗闇のかけら 歩き出せたなんて束の間の幻覚 ぬるま湯に浸かって足踏みしていただけだったのかな 二度と戻らないと誓った あの時の小指は弾け飛んでしまった? ふっと軽い息で消された ずっと消えない

      • 自己紹介

        今から1時間ほど前、私はふとこの建物の階段の1番上はどうなっているのだろうと思った。 一度気になると試さずにはいられず、永遠に思える階段を1段、1段と登っていった。 階段の数に比例して、地平線との距離は遠くなり、すぐ下の建物は解像度が低くなっていった。 階段は12階で行き止まり。 鍵のかかった柵があって、その先には進めそうになかった。 柵をよじ登ってやろうかとも思ったが、あいにく今日はプリーツのロングスカートを着ていたのでそれはまた今度のお楽しみ。 私は、ここからの景色

        • ...

          さて、君は恋を何に例える? 恋なんて曖昧なものだ、まるで睡眠のように。 いつ寝たかもわからないくらいなんとなく眠る時もあれば、疲れ果てて崩れるように眠りに落ちる時もある。 心の拠り所。 相性が良いほど深い眠りに落ちる。その先にあるのは二人だけの世界。 睡眠の中で夢をみたら、そこでは新しい世界をみることができる。 私が知らなかった世界に連れて行ってくれる。 時に懐かしい気持ちを思い出すこともある。 悪夢をみたり、金縛りにあったときには、早く目覚めろと願うんだ。 私は

        深夜、早朝になって