金属などの塗装を剥離加工する工場内作業員(正社員)
見出し画像

金属などの塗装を剥離加工する工場内作業員(正社員)

馴染みのない仕事内容も、わかりやすくワクワクできる例えで興味付けを行い、採用に成功!

■募集背景:

増員募集をするために、これまで何度か掲載をしてきたこちらの会社様。しかし、なかなか応募が集まらないとご相談をいただきました。

■採用課題:わかりにくい仕事内容が、離脱の原因に。

「剥離加工」というあまり馴染みのない仕事内容なので、求職者に理解してもらうことが難しく、求人をしっかりと読んでもらえていないのではないかと考えました。また、工場内作業というだけで地味な仕事だと判断されてしまい、応募に繋がらないことも課題として挙げられます。

■解決策:わかりやすいだけでなく、ワクワクできる表現に変換!

剥離とは一体どんな仕事なのか、なぜ必要なのかを原稿内でわかりやすく伝えることにしました。また、同時に数ある工場募集の求人に埋もれてしまわないよう、ストレートに訴求するのではなくキャッチはインパクトある表現を使用。「なんだろう?」と疑問を感じたりワクワクできる例え話を用いてアピールすることにしました。

■採用ターゲット

・20代
・男性
・集中力がありコツコツ作業が好き
・できればやりがいがあり、人と違うことをしてみたい


■原稿工夫:「タイムスリップ」という目を引く表現でアピール

剥離加工=車や機械が色を塗る前の状態に戻る=物の時を戻しているという発想から「車や機械をタイムスリップさせる仕事」とアピール。端的に、かつインパクトある表現で興味付けをしました。リードコピーでは、タイムスリップとはどういう事か解説し、詳しい業務内容や剥離の必要性を訴求。求職者の疑問を解消することで、スムーズに先を読んでもらえるように工夫しました。


■原稿効果

採用予定数/1~5名
応募数:1~5名
面接数:1~5名
採用数:2名
これまで全く応募が集まらなかった中で、20代の方を2名採用できました。

■原稿制作者より

この原稿で意識したことは「言い換える」ということでした。馴染みない仕事を、自分の中で噛み砕き、わかりやすくなるまで言い換える。ワクワクできて、なおかつ聞き覚えのある言葉に変換することでこの仕事の面白みがきちんと伝わり、採用成功につながったのではないかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
イングホールディングス株式会社(リクルートトップパートナー)
人材採用広告を中心に、企業を創る人材構築をトータル提案しています。最も適したターゲットをいかに効率よく採用へと結びつけるか。 そのために、当社が取り扱っている多くの求人媒体を駆使し提案しています。 https://ihc-group.co.jp/