新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

あなたのお家の思い出が詰まったメニューを教えてください!お題企画「#我が家の秘伝レシピ」で募集します。

12/25追記
「#我が家の秘伝レシピ」当選作品を発表しました!記事の下部「当選作品紹介」のコーナーで、エスビー食品さんのコメントとともに紹介しています。

家族でいつも食べていたあのメニュー。思い出の詰まったメニューについての投稿を、#我が家の秘伝レシピで募集します!

「おうち時間」が増えた今年。あわせて自炊の機会も増えたことで、我が家の定番だったメニューを思い出しながら、または家族に聞きながら、改めて作ってみた、という人もいるのではないでしょうか。

自炊をしない人でも、勝負どきには必ず食べる一品があったり、ふとしたきっかけで子供のころ大好きだったメニューを思い出したり、あたりまえだと思っていたレシピが我が家だけのものだと知って驚いたこともあるかもしれません。
そんな、普通にある、でも特別な「おうちレシピ」についての投稿を募集します。

概要

レシピ、コラム、エッセイ、写真のほかにも、マンガやイラストなど、形式は問いません。我が家に伝わるレシピやそのメニューにまつわる思い出など、自由に綴っていただければと思います。
ハッシュタグ「#我が家の秘伝レシピ 」をつけて、ぜひご投稿ください。
(過去に発表した作品でも、#我が家の秘伝レシピ をつければ参加可能です)

本企画への後援について

今回のお題は、2020年9月30日から11月29日の間、エスビー食品さんに後援いただくことになりました。

期間中に投稿された作品のなかから、エスビー食品担当者がすてきな作品5記事を選定。
Amazonギフト券1万円分を贈呈します。

後援期間中の投稿方法

以下の方法でご投稿ください。

①noteアカウントで会員登録(ログイン)
エスビー食品 noteアカウントをフォローする
③ハッシュタグに「#我が家の秘伝レシピ」を設定して記事を投稿


※応募の際は「無料公開」で設定してください。
※既に同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です
※選定方法に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンへの応募は、日本国内在住の方に限ります。
※当選者の発表は、本記事および当選者へのご連絡メールをもってかえさせていただきます。選定の結果や基準等についてのお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
※個人情報の取り扱いは当社プライバシーポリシーに従います。

当選作品はこちらのページで紹介します。

お題をはじめるにあたって

お題開催にあたり、エスビー食品の担当者からコメントをいただきました。

新型コロナウィルスの影響で、自宅での食事が増え、今まで以上に料理を楽しみたいという気持ちが高まっているように思います。
今回、皆さんのご家庭に伝わる「#我が家の秘伝レシピ」を紹介してもらうことで、まだ楽しみきれていない人の気づきとなり、家食を楽しむ輪をさらに広げていくきっかけになればと思っています。
皆さんのご参加、お待ちしています。

投稿内容の利用に関して

投稿内容は、エスビー食品ホームページや公式SNS(TwitterInstagram)などで紹介させていただく可能性がございます。

また、noteの公式Twitter・Facebookでも紹介させていただきます。

※ 記事の内容と関係がない場合は、ハッシュタグを外させていただく可能性があります。

みなさんのご投稿、楽しみにしています!

【12/25追記】当選作品をご紹介します!

この記事で募集していた、当選作品が決定しました!エスビー食品さんのコメントとともにご紹介していきます。

■学校があった土曜日、あの頃の昼食はスゲーうまかった。

読者のカレーと家族の記憶を呼び起こすようなグッと引き込まれるnoteでした。「焼肉のたれ」という手軽にできる “秘伝感“に、ちょっとやってみようかな、と思った人も多いのではないでしょうか。

■激かんたんな手作り肉まんできました。マイレシピと元レシピのURL追加しました!

他のクリエイターからヒントを得て自分流にアレンジするのも料理を楽しむ醍醐味だなと感じさせられたnoteです。一見すると手作りしようと思いづらい肉まんを題材にしているのも魅力に感じました。

■秘伝にはしない、キッシュの話。

たくさんの人から共感を集めているnoteでした。実際につくってみたくなるような本当に美味しそうなキッシュ。文中にある作り手への細かい配慮にも無理させない優しさを感じました。

■本当の味を知らない

なんちゃって料理でもいいじゃない、知らなくても作ってみればいいじゃない、という遊び心を持つことで、料理って楽しんでいいんだ、ということを改めて教えてもらえたnoteです。チリコンカンというところも絶妙だと思いました。

■我が家秘伝のオリジナルレシピ*極太きゅうりの“きゅうり丼”

「きゅうり丼」というインパクトのあるワード、困ったときの消費法、かつ、美味しそう、娘さんも作る家族の味になっている素敵な姿、全てにおいて理想のnoteでした。

お題企画を募集しています。

こんなテーマでnoteを書いてみたい!このテーマで他の人が書いたnoteを読んでみたい!という考えがある方はぜひ、以下のGoogleフォームにご意見をお寄せください。



note編集部のおすすめ記事を紹介しています

今日も楽しいnoteライフを✨
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events