見出し画像

3月のテーマは「人生ドラマ」。テレビ東京の深夜ドラマのシナリオを「#テレ東ドラマシナリオ」で募集します!

募集期間を、1月29日(水) 23時までに延長させていただきます。(1月22日追記)

2020年1月から放送されているテレビ東京の深夜ドラマについて、シナリオを募集するコンテスト「#テレ東ドラマシナリオ」。3月放送分は「人生ドラマ」をテーマに、シナリオを募集します!募集期間は、1月29日(水) 23時まで。

ドラマのアイデアを募集した前回のコンテスト「#100文字ドラマ」でご応募いただいた中から、運営メンバーで4つの作品を選ばせていただきました。その中から、「このシナリオを書いてみたい!」と思うものを選んで、テーマ設定にもとづいた、人生ドラマとなるようなシナリオの投稿をお願いします。

4つのアイデアとなる作品は、以下、テレビ東京の太田プロデューサーのコメントとともに、ご紹介します。

①人生リハーサル/abさん

タイムループものはドラマジャンルの王道の1つなので、考えやすいかと思い選びました。普通に考えると、「リハーサルのある人生のほうが人より幸せになれる」となりますが、本当にそうなのか、まで問えると良いですね。


②訪問者/サトー兄弟

ミステリーにもコメディにも、意外に感動ストーリーにもいけそうな気がします。訪問者によって依頼主のイメージがコロコロ変わる、それがドラマを最後まで観る吸引力になる脚本が理想です。


③テレ東最後の日/伊藤さん

自分はテレ東の社員なのでとても興味がありますし、どの角度から切り込むか、どういった撮影方法をとるかでもだいぶ変わると思います。場合によっては過去映像も使うこともできると思います。男性が主演なので、新人アナウンサーは男性でお願い致します。


④そのさよなら、代行します/みねたろうさん

とても興味をひくタイトルだと思いました。さよなら代行をお願いする側か、お願いされる側の話なのか、なんでさよなら代行をお願いするのか、など考えジロがたくさんありそうな100文字だと思います。いつものように多くのシチュエーションでのロケは難しいので、そこをどううまくまとめるかも大切になるかと思います。


応募要項

■スケジュール
1月16日(木)〜1月29日(水)23:00まで

■募集内容
テレビ東京が放送する来年1月の深夜ドラマに向けて、ドラマのシナリオとなる作品を募集します。今回のコンテストでは、前回のコンテスト「#100文字ドラマ」で、募集したドラマのテーマを、シナリオに展開させた作品を募集します。

1. 30〜35分程度の話です
2. 300〜400文字程度のあらすじを最初につけて頂けると助かります。
 時間のない方は、あらすじだけでも大丈夫です。
3. 撮影期間・予算に限りがあるので、シチュエーション数は少なめでお願い致します。
4. 男性が主演になります。

文字数や投稿数に制限はありませんが、複数のテーマを混ぜた作品は審査の対象外となります。作品が採用された方は、テレビ東京の制作チームに加わって、脚本会議の段階から一緒に台本を作り上げていただければ思います。

■応募方法
テレビ東京のnoteアカウントをフォロー。
・noteで「#テレ東ドラマシナリオ」のハッシュタグをつけて投稿。
・投稿記事内に、テーマ作品記事を記載(埋め込みをおすすめします)
・「公開設定」内の「販売設定」は「無料」で投稿。

上記4点を満たした投稿は、本コンテストの投稿規約にご同意いただいたものとみなします。採用されたテーマとシナリオの各作品の投稿者には、テレビ東京の制作チームに加わって、脚本会議の段階から一緒にドラマを作り上げていただければと思います。

脚本会議は1月25日(土)と2月1日(土)に行う予定です。時間帯などは可能な限り配慮させていただきますが、都内で実施予定で、遠方の方はビデオチャットなどでご参加いただけます。

1月と2月放送分のシナリオにつきましては、前回投稿いただいた方の作品の中から選定し、投稿してくださった方とともに制作をすすめております。

※脚本会議の詳細については、採用された作品のクリエイターへ、noteスタッフから連絡いたします。
※具体的な出演者などの要望について、制限はありませんが、スケジュールなどの関係でご希望に添えない場合があります。
※ 記事の内容がハッシュタグと関係がない作品は、運営側でハッシュタグを外させていただくこともございます。

■投稿の紹介方法
・採用作品は、テレビ東京の公式アカウントやnoteのコンテスト記事内で紹介するほか、すてきな作品も随時、テレビ東京のnoteなどで紹介します。
・今回のコンテストを経て、最終選考で選ばれた投稿作品は、2020年2月のドラマ放送に向けて脚本化されます。

シナリオのイメージ

テレビ東京とnoteが制作した連続ドラマ「知らない人んち(仮)」で、実際に使われた脚本です。

<ドラマのテーマ>
知らない人ん家に泊めてもらうという企画をするYouTuberきいろ。彼女がたどり着いたのは3人の若者の住む家。しかし彼女は気づく。「この家、あの人たちの家じゃない……」元の家主はどこに?主人公に危険が迫る。

<シナリオ例>


コンテストのイメージ

コンテストイメージ

コンテスト企画の背景

テレビ東京とnoteでは今年11月、参加実験型ドラマ「知らない人んち(仮)」を展開しました。テキストやイラスト、それに映像など、多くのクリエイターからさまざまな投稿が寄せられ、また視聴者からも大きな反響をいただきました。

このコンテストの投稿作品にすべて目を通したテレビ東京の制作チームからの「次のドラマもnoteクリエイターと一緒に作りたい。そして、ともに新しいことに取り組みたい」という思いを受け、今回のコンテストを共同企画することになりました。

番組概要

タイトル : 『note連動ドラマ新企画(仮)』
放  送 : テレビ東京にて2020年1月6日スタート(全13回) 毎週月曜深夜0時12分放送
配  信 : Paravi、ネットもテレ東(テレビ東京、TVerほか)
出  演 : 随時、発表いたします。
プロデューサー : 合田知弘(テレビ東京) 小林昌平(テレビ東京) 三瓶慶介(ホリプロ) 久田光彦(ホリプロ) 今村奈津美
演出・プロデューサー : 太田勇(テレビ東京)
製作著作 : テレビ東京
公式Twitter : @tvtokyo_note

審査員

・テレビ東京 太田勇
過去の番組「YOUは何しに日本へ?」演出プロデューサー、「ピラメキーノ」演出、「山田孝之の北区赤羽」プロデュース等。

・テレビ東京 合田知弘
『モテキ』『マジすか学園シリーズ』ほかのコンテンツプロデュース、LINELIVE等とのネット連動番組や見逃し配信サービスの立ち上げ等を経て、直近は木ドラ25『新米姉妹のふたりごはん』プロデュースほか。

・テレビ東京 小林昌平
報道記者を経て、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』『山田孝之のカンヌ映画祭』ほかのコンテンツプロデュース。

・noteディレクター 三原琴実
『マチネの終わりに』ウェブプロモーション、『左ききのエレン』連載立ち上げ、『かのひと 超訳 世界恋愛詩集』編集など。

・noteディレクター 平野太一
2018年10月よりnoteディレクターとして入社。noteクリエイターのサポートだけでなく、イベント企画、企業との連動企画など、幅広く担当。

投稿規約 

<投稿資格および投稿作品に関する注意>
※投稿者はプロ・アマ問いません。
※投稿は、自ら執筆したオリジナルのもの、および他の応募企画等で発表・公表されていないものに限ります。
※投稿にかかる執筆料、取材費、資料費、通信費等の一切の費用は投稿者において負担いただきます。
※投稿作品が盗作されたものではないこと、また、その他第三者の権利、財産等を一切侵害するものではないことを保証いただきます。
※投稿作品のドラマへの採用の可否、時期、順序等については、運営二社(テレビ東京・POC)が任意に決めることができるものとします。また、ドラマへの採用の有無、採否の基準についてのお問い合わせにはお答えできません。
※投稿作品が下記に該当する、またはそのおそれがあると運営二社が判断した場合、選考の対象から外れる場合があります。
1. 政治的、宗教的な偏りがあるもの
2. 法令違反、公序良俗に反するもの
3.他の投稿者、運営二社、その他第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、パブリシティ権、名誉、社会的信用、その他の権利または利益を侵害するもの
4. 他の投稿者、運営二社、その他第三者への中傷、詐欺、脅迫、いやがらせに該当するもの
5. 差別を助長する表現を有するもの
6. 広告や商行為等の営利目的で執筆されたもの
7. その他、この規約に違反し、またはテレビ東京の放送番組編成基準等に照らし不適当なもの
※応募内容に関して、POCから問い合わせする場合があります。

<投稿者情報など>
※投稿にあたっては、「#テレ東ドラマシナリオ」のハッシュタグをつけていただきます。
※投稿作品の公開・公表にあたっては、原則としてnoteに投稿された内容を表示します。表示する場合にどのように投稿内容を表示するかは、運営二社の任意の判断によるものとします。
※投稿情報について、運営二社からお問い合わせさせていただく場合があります。
※運営二社は投稿者が以下の項目に該当する場合、事前に予告することなく、当該投稿者の投稿作品を選定対象外とすることができます。
1. 運営二社への届け出内容が虚偽またはこれに類する不正確なものであった場合
2. 応募方法又は本規約に反して投稿を行った場合
3. 手段の如何を問わず、本企画の運営を妨害した場合
4. 本規約に違反した場合該当した場合
5. 暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者等の反社会的勢力に該当した場合
6. その他運営二社が合理的な理由により、投稿者として不適切と判断した場合

<投稿作品の著作権等について>
※投稿作品の著作権等の取扱いは次のとおりとします。
1. 投稿作品の著作権は投稿者に帰属します。ただし、運営二社は、投稿作品を次に定める目的で、期間の制限なく無償で利用すること、第三者に利用を許諾することができるものとします。
 1 テレビ東京の放送と番組の宣伝のための使用
 2 運営二社のホームページ及びnoteにおける利用
 3 テレビ東京の番組の宣伝活動や運営二社の広報活動、展覧会、研究・調査等のための利用
 4 投稿作品を用いた番組の国内・海外のコンクール等への出品
 5 投稿作品を用いた番組の国内・海外のイベント等での利用
 6 投稿作品を用いた番組の国内・海外の放送局、CATVでの放送と配信(番組の宣伝を含みます)
 7 運営二社の放送関連の書籍、雑誌、DVD、宣伝物等を含む他媒体における利用
 8 上記以外の今後開発されるものを含むあらゆる媒体での利用
2. 投稿者は、投稿作品の利用にあたり、運営二社の判断により内容を著しく損なわない範囲で、修正(改変・切除、編集等)する場合があります。
3. 投稿者は、運営二社(運営二社が指定する者含む)の投稿作品の利用や修正(改変・切除・編集等)について、自己の名誉・声望が著しく損なわれる場合を除き、著作者人格権を行使しないことを確約いただきます。
※映像化に関する具体的な内容・手続き等に関しましては、テレビ東京やnoteなどでつくるドラマ製作チームが別途、協議の上で、決定させていただきます。

<禁止事項>
投稿者が次の行為を行うことを禁止します。
※法令またはこの規約に違反すること

<免責事項>
※投稿作品は投稿者の責任において投稿するものとし、万一、投稿作品の投稿、公開等に関連して投稿者または投稿者の関係者に損害等が生じた場合でも、運営二社は一切責任を負わないものとし、また、投稿者は当該場合に運営二社に対して何らの請求・主張も行わないものとします。
※投稿作品の投稿又は内容につき、第三者との間で紛争等が生じた場合は、投稿者の責任と負担で解決いただくものとします。

<その他注意事項>
※運営二社は、任意に本企画の内容を変更し、または本企画を終了することができるものとします。
※運営二社は、本規約を事前の告知なく任意に改訂できるものとし、改訂後の本規約をこのサイトに掲示したとき、その効力が生じるものとします。この場合、投稿者は改訂後の規約に従うものとします。
※本規約は、日本法に基づき解釈され、訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます😊
387
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.com/notemag |noteのイベント情報 : https://note.com/events