新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍の経営者の葛藤を描いたnoteが書籍化『全店舗閉店して会社を清算することにしました。』が11月2日に発売!

note公式

noteに投稿された、福井寿和さんの記事「全店舗閉店して会社を清算することに決めました」が『全店舗閉店して会社を清算することにしました。コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話』として、実業之日本社から11月2日に発売されます。決断に迷う人へ勇気をくれる一冊です。本書はnoteの記事に、大幅に書き下ろしを加え構成されています。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『全店舗閉店して会社を清算することにしました。コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話』

―決断に迷う全ての人へー
多くの人の共感を呼び、瞬く間に拡散されたnoteを書籍化。2児の父として、経営者として、困難な選択を迫られた著者は、経営していた飲食店5店舗の閉店を決め、会社の清算もしました。コロナ禍における経営者の苦悩や葛藤など、リアルなストーリーを描きます。

前向きに考えることができるヒントとなる一冊です。

目次
■第一章
創業からコロナ襲来まで【創業〜2019年末】
■第二章
コロナ影響開始〜閉店決断【2019年12月〜4月】
■第三章
会社清算開始〜「決断」の反響【2020年4月〜5月】
■第四章
全店舗閉店後〜これからの挑戦【2020年5月以降】
■第五章
全店舗閉店の経営者が今だからこそ伝えられること

「はじめに」全文公開

著者・福井寿和さん
1987年生まれ、青森県出身。2015年に1店舗目の飲食店となる「CAFE 202 青森店」をオープン。2017年に株式会社イロモアの代表取締役に就任し、2019年までに青森と仙台に合計5店舗の飲食店を開業する。事業が軌道に乗り始めた矢先に新型コロナウイルスが襲来。難しい選択を迫られる中、「全店舗閉店、事業清算」という苦渋の決断を下す。
2020年8月、株式会社グラバーを設立。「廃業支援」など倒産の経験を生かした事業をスタート。本書が初の著書となる。
note:https://note.com/aomorio Twitter:@aomorio

著者・福井寿和さんからのコメント

noteの記事「全店舗閉店して会社を清算することに決めました」を読んでくださった実業之日本社の白戸さんが声をかけてくださり、この度出版することになりました。

この本は、2020年春に新型コロナウイルスの影響を受け、経営していた飲食店を全店舗閉店して会社を清算した、いわば廃業の経験を書いたものです。本音を言えば、経営が悪化した数ヶ月間を思い出しながら書くことは苦痛以外の何ものでもありませんでした。しかし、これまで表立って廃業したことを言う人が少なかったからこそ、私の廃業経験には価値があり、その経験を共有することにはもっと価値があると信じていました。

また、こうして会社をたたむことになった人間が、次のステップに向けて明るい人生を送っている姿を伝えることで、再チャレンジできることを世の中に伝えていきたい。このような思いから本を書きました。コロナの影響で今なお経営難に苦しんでいる方々、実際に会社経営に携わっている人、そして人生の決断に迷う人にもぜひ読んでいただければと思っています。

書誌情報

新_heiten_hyo1obi

書名:全店舗閉店して会社を清算することにしました。
コロナで全店舗閉店、事業清算、再出発を選んだ社長の話 
著者:福井寿和 
発行:実業之日本社 
ISBN-10 :4408339474 
ISBN-13 : 978-4408339474 
予価:1,500円+税 
判型:単行本 
頁数:208頁

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events