新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

文筆業・井川直子さんがnoteでつづった記録が書籍化!『シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録』が文藝春秋から5月13日に発売

note公式

noteで文筆業の井川直子さんが連載している「#何が正解なのかわからない 」が、『シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録』として文藝春秋より5月13日(木)に発売されます。2020年4月に発令された一度目の緊急事態宣言。これまで食の世界を見続けてきた井川さんは、書き手として自分にできることを考え、シェフたちのリアルな声をnoteで届けはじめました。本書はその記事に加え、新しく書き下ろしを加えて構成されました。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録』

コロナ禍で苦境に置かれた飲食業界。
補償なき自主休業か、儲けの出ない営業か、それとも他に道はあるのだろうか。レストランやお店を続けることはできるのか。料理人であり、スタッフを抱えるリーダーでもあるシェフたちの心は揺れに揺れた。

2020年春の緊急事態宣言、そして冬の感染再拡大を前にシェフたちは何を思い、どう動いたのか。そして「これから」のお店の舵取りは。

フランス料理のグランメゾン、横丁の老舗にオフィス街の新店――。刻々と変わりゆく状況下、シェフたちへの取材をライフワークとする著者が、願いを込めて書きとめた34人の言葉の記録。

著者・井川直子さん
文筆業。秋田県生まれ。広告代理店、広告制作会社を経てフリーランスのライターとなり、広告を中心に活動。2003年、イタリア現地で修業中の日本人コックたち24人のルポルタージュ『イタリアに行ってコックになる』(柴田書店)を上梓。これを機に書籍・雑誌等で取材・執筆活動を始める。現在、主に料理人、生産者、醸造家など、食と酒にまつわる「ひと」と「時代」をテーマとしたノンフィクションを執筆。エッセイも手がける。
note:https://note.com/naokoikawa URL:https://www.naokoikawa.com/

著者・井川直子さんのコメント

すでに1年を越えたコロナ禍。中でも2020年春の第一波は、得体の知れないウイルスへの恐怖と戸惑い、混乱の極みでした。
その中で聞こえてきた「何が正解なのかわからない」という飲食店店主たちの声。突き動かされるように始めたのが、noteでの連載です。

情勢が1日でも激変する日々でしたから、取材の翌日には発表したい。字数の制限も設けたくない。そのスピード感と自由は、紙媒体にはありません。一方で多くの人に読んでもらうには、ブログなど個人的な場所でなく、開かれた場所のほうがいい。これらの条件にnoteという媒体はぴったりでした。

喉元過ぎれば、人の記憶は変質します。noteに記録した34人の「今日の答」は、後から振り返ったのでは決して聞けない、生々しい肉声の集積となりました。彼らの言葉を、今度は50年後、100年後の人たちにも、書籍で届けたいと願っています。

書誌情報

「シェアたちのコロナ禍」書籍の表紙

書名:シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録    
著者:井川直子      
発行:文藝春秋        
定価:2,090円          
ISBN-10:4163913688  
ISBN-13:978-4163913681
版型:四六判      
頁数:384頁

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events