見出し画像

noteで人気の岡田悠さんの旅行記が書籍化!『0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語』がダイヤモンド社から12月15日に発売!

note公式

メディアプラットフォームnoteで、会社員兼ライターの岡田悠さんが投稿する「旅に関する記事たち」が『0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語』として、ダイヤモンド社から12月15日に発売されます。noteが69のメディアパートナーと連携して、新しい才能を世に送り出す「noteクリエイター支援プログラム」を通じて、出版が実現しました。また、12月11日(金)に刊行記念イベントも開催します。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語』

本書の旅の舞台は、16の国と地域。日本から1600万メートル、地の果て南極から始まり、だんだんその距離は近づいて、最後は「自分の部屋の中」で完結します。

「遠くに行くこと」だけが旅ではない。 日常の中に非日常を見出し、予定不調和を愛する心があれば、いつでも、どこでも、旅はできる。

読めば自分だけの物語が始まる。これからを生きる人に贈る、新しい旅のエッセイです。

著者・岡田悠さん
1988年兵庫県生まれ。ライター兼会社員。有給休暇取得率100%。そのすべてを旅行に突っ込み、訪れた国は70か国、日本は全都道府県踏破。note、オモコロなどのwebメディアでエッセイを執筆し、旅行記を中心に絶大な人気を博す。本書収録のイランへの旅行記で「世界ウェブ記事大賞」を受賞。本書が初の著書。
note:https://note.com/hyosasa Twitter:@YuuuO

著者・岡田悠さんからのコメント

旅の本です。でも一般的な旅行記とは、かなり異なります。旅のしづらいご時世だからこそ、読んで欲しい本です。

学生時代から15年間、旅を続けてきました。遠くへ行ったり、近くへ行ったりを繰り返してきました。そのうちに、「たとえ遠くに行けなくても、日常の中に面白い旅を見つけられるのでは?」という仮説が芽生えました。本書はそれを検証した一冊です。南極から部屋の中まで、様々な「旅」のかたちを楽しんでもらえると嬉しいです。

この本のはじまりはnoteでした。これまで友人にしか見せてこなかった旅行記をnoteに書き始めたことで、様々な方から感想をいただき、また書きたくなり、その循環がライターという複業へ、そして出版へとつながりました。noteという場があったことは、僕にとって本当に幸運です。これからも書き続けます。

刊行記念イベント

出版を記念してライブ配信イベントを開催します。ゲストは岡田悠さんと、「100日間おなじ商品を買い続けることでコンビニ店員からあだ名をつけられるか。」が話題となり書籍化もされた与謝野(yosano)さん。日常に転がっている「おもしろい」を発見して育て、文章で表現している2人です。

「#おもしろいの芽 の育て方」

開催日時:12月11日(金) 20:00〜21:00
※配信時間は延長になる可能性があります。

【視聴方法】
YouTubeアカウントおよびTwitterアカウント(@note_PR)から生配信します。
どなたも自由にご覧いただけますが、こちらのフォームから視聴を予約いただくと、noteから前日にリマインドメールをお送りします。

【参加費用】
無料

noteクリエイター支援プログラム

クリエイタープログラム

noteクリエイターが活躍する場を広げるために、noteが出版社やメディア、クリエイターエージェンシーなどのメディアパートナーとともに才能の開花を後押しするプログラムです。
noteで話題のクリエイターを定期的にパートナーへご紹介。関心を寄せたパートナーからのオファーをクリエイターへ届けます。2020年7月時点で69のメディアがパートナーとなっています。

書籍化やメディアでの連載、マネジメント契約、番組への出演など、クリエイターの個性とパートナーの強みや特性に応じて活動を支援します。作品が書籍や映像化にいたったときは、当社も販売促進のお手伝いやアドバイスを行ないます。

書誌情報

画像1

書名:0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語 
著者:岡田悠 発行:ダイヤモンド社 
ISBN-10:4478110891 
ISBN-13 : 978-4478110898 
予価:1,600+税 
判型:単行本 
頁数:288頁

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
note公式
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や新機能(カイゼン)を紹介します。 編集部アカウント : https://note.com/notemag || イベントアカウント : https://note.com/events