元人事が教える「バレない」職歴の修正方法

人事から見てありえないような職歴詐称の方法がネットによく見受けられるので、元人事の視点からバレない職歴詐称の方法を書かせていただきました。
どうしてもどうにかしたい方だけ購入していただければと思います。
※購入していただいた方でこの記事のオススメを押して頂ける方がいますが、ご参考になったのはすごく嬉しいのですが余り広めたくない内容なので心の中だけでオススメしていただければと思います。


1ヶ月の生活費はいくらかかっていますか?

一人暮らしの賃貸なら15万円くらいでしょうか。ひと月何もしないでもそれだけのお金がかかってしまうんです。

例えば一日就職が遅れると5000円も無駄に使ってしまうことになります。何もしないでもそれだけのお金が毎日なくなっていくんです。

シュレッダーに5000円札を毎日1枚づつ入れてバラバラにするところを想像してみてください。

凄くもったいないと思いませんか?

就職が一日一日と遅くなるというの物凄くもったいない事なんです。その事を是非覚えておいてください。

再就職が遅くなることでどれだけあなたが損をしているか分かったところで、少しでも早く毎日5000円を捨てている生活から抜け出すコツをお話しします。


【職歴が見間違えるように変わる方法】


「職歴が汚すぎて転職がうまくいかない」

汚い職歴のせいで転職しようと企業に応募しても相手にされない。
面接でボロクソに言われてもう転職活動なんてしたくない。
就職先が見つからなくてもうどうしたら良いのかわからない。

仕事が見つからないというのはすごく辛いものですよね。

そこで元人事の経験からどの程度までなら職歴を変更しても大丈夫なのか具体的に説明したいと思います。

今はどの企業も職歴詐称の対策を取っていますので適当に職歴をいじるとすぐにバレます。

このNOTEの内容を実践すれば確実に採用が増えると思いますが、ぼく個人としては職歴詐称をしなくても自己分析をしっかりとやれば問題ないと思っています。

自己分析のやり方はこちらの記事で解説しています。
↓  ↓  ↓  ↓  

【自己分析】自分の強みが分からない。面倒な自己分析が簡単にできる方法


しかし、きれいごとだけではどうにもならない現実というものがあります。

【注意】この記事は本当に困っている、もう後がないという本気の方だけ読んでください。

※要望がありましたので具体的な職歴の変更例を追記しました。

※たくさんの方に読んでいただいていますが、あまり広まるとよくないのでそのうち非公開にする予定です。
(非公開にしても購入された方はそのまま読めますので安心してください)

----------------------------------------------

【目次】

1、【基礎】職歴詐称がバレないために必要なこと
2、空白期間がある場合
3、在職期間が短い場合
4、転職回数が多い場合
5、源泉徴収を求められた場合
6、雇用保険被保険者証を求められた場合
7、年金手帳を求められた場合
8、【職歴詐称に抵抗がある方向け】少し変えるだけでOKな効果抜群の方法
9、前職を詐称する場合の注意点
10、(おまけ)職歴詐称がバレにくい会社の特徴
----------------------------------------------



1、職歴詐称がバレないために必要なこと

採用の現場側から見ても分からない職歴の変更方法を説明したいと思いますが、まず絶対にやっておいて欲しいことがあります。

職歴に変更を加える前に職歴詐称が簡単にバレれてしまう原因は

この続きをみるには

この続き:4,758文字/画像1枚

元人事が教える「バレない」職歴の修正方法

元人事

9,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。