改めて感じる、”お客様の声”を聴く大切さと喜び。
見出し画像

改めて感じる、”お客様の声”を聴く大切さと喜び。

代表の池内です。

ぼくがものづくりにおいて、大切にしている信念は、自分がつくりたいものをとことん突き詰めていくこと。湧きあがる衝動や好奇心に蓋をしないことです。

同時に、ぼくらの商品を使ってくださるお客様の声も、ものすごく大事にしています。

振り返ってみると、IKEUCHI ORGANICの歴史はマニアの方々との戦いの連続でした。

ぼくらは「最大限の安全と最小限の環境負荷」を追求した理想のタオルづくりを20年以上前から続けていますが、その過程で、ディープなエコロジー運動家の方々や、タオルマニアの方々から厳しいご意見をいただくこともありました。そういった声に向き合っていくなかで、ぼくらのものづくりの技術は高まっていきました。

また、お客様の声には、ぼくらの商品を熱烈に支持してくださっているものも多くあります。そういう声を聴くたびに、「もっといいものを作りたい」「もっと感動していただきたい」と気持ちが自然と引き締まります。

内から湧き出る”衝動”と、背中を押してくれる”お客様の声”。その両輪が、ぼくのものづくりへの情熱を支えています。

そんななか、IKEUCHI ORGANICがタオルケットを販売しはじめて、もうすぐ10年になります。

現在、イケウチでは7種類の品番のタオルケットを販売し、価格帯は1万円台後半から3万円のものまで。タオルケットの値段として決して安くないにも関わらず、多くのお客様にご購入いただき、ぼくらの定番商品になりつつあります。

イケウチのタオルケットがお客様にどういう風に語られているのかが気になり、ぼくもSNSの投稿を読んだりしているのですが、好評いただいている声ばかりで、ありがたく思っています。結婚10周年にダイヤモンドではなく、ぼくらのタオルケットを選んでいただいたお客様のnoteを読んだ時は、ぼくも社員も感動しました。

そして、より多くのお客様の声を生の知りたいと思い、「イケウチのタオルケットへの感想や思い出についてのレビュー」を先月募集しました。

すると、なんと100名以上の方が声を寄せてくれました

ぼくも全ての内容をじっくりと読ませていただきましたが、タオルケットとの出会いから、どんな風にタオルケットと過ごしてきたのかが長文で綴られていたりと、物語のあるレビューばかりで驚きました。

語れる物と書いて物語。「我々がつくっているのはタオルではなく、物語である」と、社員のみんなに話していますが、それが実現できていることを本当に嬉しく思いました。

集まったお客様からの声は、イケウチのWebページで紹介させていただていますが、こちらのコラムでもひとつ紹介させてください。

こちらはオーガニックエアープレミアム タオルケットへのレビューです。

こだわりのタオルケットが欲しいと思ったきっかけは父でした。

今まで私は父の日に改まってプレゼントをした事が無い娘でした。母の日に比べてイベント感が薄い感じで「そんな物いらん」と言う控えめな父だから「まぁ良いか」という怠け心で、真剣に考えた事がなかったのです。父へプレゼントするという照れもありました。

そんな私が思い立ったのは息子の一言でした。

6歳になる息子は父親大好きなパパっ子です。「父ちゃんと遊ぶー!」と泣いて父親がトイレに行くのを妨げる程です。父の日が近づいたある日、息子が「父ちゃんと母ちゃんが大好きやからプレゼントしたい!」と絵を描いてくれたのです。大好きを伝えるためにプレゼントをする、その素直さが自分には無かったと気付かされました。

父へ、今までの感謝の気持ちをプレゼントしたいと思いました。何も欲しがらず、趣味も無い父へ、何を贈れば良いのか考え始めました。

お酒が好きな父なので有名なお酒を探しましたが、味の好みが合うか分からず断念。ですが、お酒を飲んで父はどこでも寝てしまう事を思い出しました。そして眠った父にタオルケットを掛けるといつも起きてしまう事。好きなお酒を飲んで気持ち良く眠る父を起こさずに、その楽しい気持ちのまま朝まで眠れるタオルケットを贈ろうと決めました。

インターネットで“軽い”タオルケットを検索し、イケウチオーガニックに辿り着きました。ホームページを見て品質の良さ、拘りは直ぐに分かりました。これなら父も起きない。直ぐに注文。

ところが、父の日が間近な時期で品切れで入荷待ちのメール待ち状態。やはり皆さんが認める良い物なのだなと実感はしつつ残念な気持ちが抑えられませんでした。今、手に入らないと、父の日でないと、思い切った自分の気持ちは伝えられないかもしれないと自信が無くなったのです。

もっと早く注文していれば、もっと早く父への気持ちに素直になっていればと後悔しました。今更“遅すぎる”と言われている感じもしました。仕方ない、他の物は無いかと探しましたが、初心の“これだ”という出会いを上回る物が無く、迷走して2日後の事です。

イケウチオーガニック様から早くも入荷のメールが届きました。即決。…と思いきや、慎重過ぎる性格な私、再度考慮し、ようやく決断。間違いなかったと今実感しています。

先日、父のいる実家で息子の誕生日会をしました。久しぶりの楽しいお酒の会に酔いしれて眠った父。その体に贈ったばかりのイケウチオーガニックのエアープレミアムタオルケットを掛けました。ぐっすり眠ったままでした。今までは何故か直ぐに起きて申し訳なさそうに自室へ戻っていた父だったのに。起きなかった。喜んでもらうために贈ったタオルケットでしたが、私が嬉しくて嬉しくて。次の朝まで父はそのまま眠り、目覚めてから大切そうにエアープレミアムタオルケットをたたみ「これは良い」と、しみじみ言ってくれました。

夏だけしか使わないタオルケット。そう思っていましたが、こだわりのある本物の品質のタオルケットに出会えて本当に良かったと感じています。

父に贈って、ほぼ同時に自宅用にも購入し息子と主人と3人で使用ています。軽さと肌触りが他には無い自然な優しさで、ふんわりと包まれる感覚がたまりません。3世代ずっと愛用するであろう一品に出会えた事に感謝します!

投稿者:カバ子さん

人生の特別なタイミングでイケウチの商品が選ばれ、その後、家族みんなで使っていただいているなんて、つくり手冥利に尽きます。集まったお客様の声を読ませていただき、ぼくらのタオルケットが、お客様にとって特別な存在になっていることを改めて実感しました。

また、みなさん、「バンブー540が最高」や「オーガニック732を愛用」など、品番とともにタオルケットを語ってくださることが嬉しかったです。

現在、IKEUCHI ORGANICでは7種類の品番のタオルケットを販売していますが、その理由は人によってピッタリなタオルケットが違うからです。好みの肌ざわりや重量感、またはご家庭の室内温度などによって、おすすめのタオルケットは変わります。

ぼくらは「お客様一人ひとりに最適なタオルケットをお届けしたい」と思って、バリエーションを増やしてきました。

反面、7種類もタオルケットを販売していて、お客様を迷わせてしまっているのではないかという懸念もあります。価格も安くはないので、真剣に悩まれるお客様が多いという話もストアスタッフからよく聞きます。業界をみても、自社ブランドで7種類もタオルケットを販売しているイケウチは、タオル会社としてかなり異質です。

でも、今回のレビューを読み、多くのお客様が選んだ品番を覚え、その品番に愛着を持っていただいていることがわかりました。自分たちの選んだ道は間違っていなかったと確信できました。

これからもお客様一人ひとりに最適なタオルケットをお届けしていくために、イケウチではタオルケットのバリエーションを増やしていきます。ダブルサイズのタオルケットも今後発売予定です。自分にピッタリのタオルケットと出会う楽しさを感じていただけたら幸いです。

改めて、レビューを寄せていただいたみなさま、ありがとうございました

100名以上の方からの温かい声を聞かせていただき、みなさんを裏切るようなものづくりをしてはいけないと、背筋が伸びる思いです。お客様の声は、ぼくらのものづくりにとって欠かせないと、改めて感じました。

これからも、お客様の生の声を募集する企画は定期的にやっていきたいと考えています。いいところも、悪いところも、率直に伝えてくれると嬉しいです。その声が、ぼくらの背中を支えてくれます。

・・・

(▼)お客様からのタオルケットレビューの紹介はこちら

画像1

(▼)IKEUCHI ORGANICの「タオルケットの選び方特集ページ」

<編集協力:井手桂司>

------✂------

あわせて読んでもらいたい、代表池内の記事

●イケウチと今治と、タオルケットの歴史

IKEUCHI ORGANICにとって大切な商品であるタオルケット。実は、タオルケットとは、タオルと毛布を意味するブランケットを掛け合わせた和製英語で、日本独自の製品であることをご存知でしょうか? この記事では、日本や今治におるけタオルケットの歴史と、イケウチがタオルケットを扱うようになった背景を紹介させてもらっています。

●イケウチとオーガニックの20年間。

世界でいちばん安全なタオルをつくりたいという想いから誕生したIKEUCHI ORGANIC初となるオーガニックタオル『オーガニック120』。その20年間の歩みを振り返った内容になります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう!(池内)
「我々がつくっているのはタオルではなく、物語である」というのは代表・池内の言葉です。語れる物と書いて物語。今治でオーガニック100%のタオルを中心に語れる物づくりを志ざすIKEUCHIスタッフの"今"をお届けします。Web→https://www.ikeuchi.org